SEOUL★SOUL

今日もSHINee、明日もSHINee

オニュ、陸軍ミュージカル「帰還」キャスティング

秋にあるというウワサだった陸軍のミュージカルですが、無事オニュが主演でキャスティングになりました!!!

---
陸軍ミュージカル'帰還'オニュ・シウミン・チャハギョン→のキムソンギュ・ユンジソンまで20人余りの将兵ら総出動[公式]

201908261133402623974_20190826113541_01_20190826115519321.jpg

6.25戦争の戦死者遺体発掘をテーマにした2019陸軍創作ミュージカル'帰還'(副題:その日の約束)が10月22日、オリンピック公園、ウリ金融アートホールでの開幕を確定した。

前作ミュージカル'新興武官学校'で11万観客動員の興行を記録した陸軍本部の主催で行われる今回の公演は、ミュージカル'その日たち'、'砂時計'などで、大韓民国創作ミュージカル界をけん引している(株)インサイトエンターテインメントが製作に参加。また、一度のウェルメイド大型創作ミュージカルの誕生を予告した。

民族歴史上最も胸の痛む6・25戦争が残した未収拾戦死者遺体のは13万3千余。遺体発掘事業を通じて1万余の遺骨を発掘したが、まだ帰らない12万3千位の護国英雄たちが田舎に埋もれている。

2000年4月、6.25戦争50周年記念事業の一環として陸軍で始まった遺体発掘事業は、2007年の遺骸発掘鑑識団が創設され、国家事業として行わされている。'最後の1人を祀るその日まで諦めない'という遺体発掘事業の召命は、もうミュージカル舞台に移され、観客たちに会う予定だ。

陸軍本部の関係者は、「6.25戦闘英雄たちの尊い犠牲で今日の誇らしい大韓民国と私たちが存在するというメッセージを伝え、その方たちの遺骨発掘に対する共感を形成しようとしている」と制作の趣旨を説明した。

6.25戦争当時、国のために一つしかない命を捧げたが、決着されないまま、まだ名前も知らない山野に取り残された護国領事ら。彼らの遺体を捜して祖国の懐に祀る話を扱ったミュージカル'帰還'はイヒジュン作家と朴チョンア作曲家によって1年余りの創作作業を経て誕生した。ここに、キムドンヨン演出とシンソノ振付監督、チェハヌル音楽監督が合流。最高の呼吸で完璧な舞台を準備している。

ミュージカル'帰還'は6.25戦争参戦勇士スンホが戦死した戦友たちの遺体を捜して多富洞一帯の山をさ迷っている所から始まる。再び探しすと誓ったあの日の約束を守るために一生を捧げたスンホの現在、そして6.25戦争のど真ん中に渦を巻いた過去が交差し、話は時々刻々と多様な姿で展開される。

過去の戦争のある中で絶えず苦悩した青年スンホ役にイジンキ(オニュ)、キムミンソク(シウミン)が、友達の畏敬の対象だったヘイル役にイジェギュン、チャハギョン(エン)が出演する。スンホの最も親しい友人であるジング役にキムミンソクとイソンヨル、そしてヘイルの双子の妹ヘソンにイジスク、チェスジンが共にする。ここに、生き残って友達らの遺体を捜して一生をさまよっている現在のスンホ役にはイジョンヨル、キムスンテクが出演を決めている。スンホの孫ヒョンミン役にチョグォン、コウンソン。遺体発掘団としてヒョンミンを率いるウジュ役にキムソンギュ、ユンジソンがキャスティングされた。

オーディションを通じて選抜された主演級の軍将兵以外にも20人余りの軍の将兵らがアンサンブルとして総出動して、汗を流して練習に拍車をかけている。

遺体発掘という意味深いテーマに感動を与えるミュージカル'帰還'は10月22日から12月1日まで、オリンピック公園、ウリ金融アートホールで公演され、それに先立って来る9月9日午後2時、メロンのチケットとインターパークチケットを通じて1回目のチケットオープンが行われる。(お問い合わせ:(株)インサイトエンターテインメント02-541-7110)

【出処】ヘラルドPOP
---

ちうか、すごい豪華メンバーなんですけど!!!

おにゅちゃんは、シウミンとWキャストですね。
ワクワクドキドキ✨


そして、もう一つニュース。

---
[単独]SHINee・EXO・NCT連合チームSUPER M、ドバイでMV撮影‥本格デビューカウントダウン

SHINee・EXO・NCTなどが団結した連合チームSUPER Mがドバイでミュージックビデオの撮影を皮切りに本格的なデビューカウントダウンに突入する。

26日、ヘラルドPOPの取材結果、SHINeeーテミン、NCTマークとテヨンは新曲のプロモーションビデオ撮影のために今日(26日)のドバイに出国する。他のメンバー、EXOベッキョンとカイ、WayVルーカスとテンらは、現地で合流する予定だ。

SHINeeテミン、EXOベッキョンとカイ、NCT 127のテヨンとマークをはじめ、中国グループWayVルーカスとテンなど7人のメンバーで構成された連合チームであるSuperMは世界有数の音楽ファンを牽引する代表のスターであり、専門家の優れた才能のアーティストたちが集まって、いわゆる'Super'シナジーをプレゼントするチームという意味を盛り込んだ。イスマンプロデューサーが直接プロデュースに参加しており、米国で、大規模なプロモーションを予告し、さらに期待をさらに上げることも。

SHINeeにEXO、NCTまですでに全世界から愛されているグループのメンバーらが団結しただけに、どのようなシナジーを吐き出すかについてもファンの関心が集中されている。

一方、SUPER Mは今年10月、全世界の公開を目標にドバイで新曲MV撮影を開始する。各種コンテンツと韓国、米国などのプロモーションを展開する予定だ。

【出処】ヘラルドPOP
---


ということで、ドバイに飛び立ったてみんちゃん(δvδ)
277837_382913_4513.jpg

テムスタに空港写真!




レコーディングの様子もアップされましたね。
この投稿をInstagramで見る

SuperM:13th-Jun-2019 #WeAreTheFuture #SuperM

SuperMさん(@superm)がシェアした投稿 -




ドバイでMV撮影って、どんだけ!!!!w

がんばれーーー!!!
関連記事

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

trackbackURL:http://seoulsoul.blog.fc2.com/tb.php/3142-71274866