SEOUL★SOUL

今日もSHINee、明日もSHINee

キー@部屋の隅一列

昨日放送された、JTBCの「部屋の隅一列」という、映画の話をする番組に、きーさんがゲスト出演してました。

スケジュールに載ってないwww

不意打ちでしたが、ありがとうございます<>

きーさんが人生の映画に選んだ一本は、「落下の王国 The Fall」という映画。



2006年の映画で、きーさん曰く、インドの監督の芸術映画だと。ロケ地がすごいですね。


これは見てみないと!

ユンジョンシン:アイドルは大変ですよね。小さい頃から練習して、友達に会うのすら難しくて。
き:様々なことを放棄しながら一生懸命練習生生活して、
デビューして、アイドルとして、多少苦しさはあると思いますよ。
でも、ぼくはだめだったコたちへの痛ましい気持ちの方が多いですよ。
夢を育ててきた人の立場としては、心の片隅にずっと残っていますよ。

きーさんTT


今回、インディーズ映画特集で、インディーズ映画監督をお迎えして、いろんな話をしましたよ~


映画「족구왕(サッカー王)」の話~






映画「소공녀(小公女)」の話~






き:僕はこういう言葉をよく言われるんです。
「お前の趣向は無駄な自尊心だ」と。
ユンジョンシン:他人にそんなことを言う権利無いのに
き:「無駄な執着だ」「無駄な自尊心だ」「捨てろ」
僕がミソというキャラクターを見て、僕が本当に勇気をたくさんもらったんです。
そうだよね、わざわざ放棄しなくてもいいよねと。



キーの「小確幸」は?
き:家に帰ると、どんなに疲れていてもやることがいくつかあるんですけど~
犬のトイレパッドを片付けることと、
それから、僕が必ず1編ずつドラマを見ます、横になって。
それをやろうと生きていると思えるほどに~
そうしたら、3時間ぐらいで出なければならないんです。
それでも、僕は必ずするんです。




映画はいっぱい見るって言ってましたね~
キスタでも、映画の話多いよね。
ちょっと変わった話が聞けてよかったです\(^o^)/

関連記事

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

trackbackURL:http://seoulsoul.blog.fc2.com/tb.php/2973-54897291