SEOUL★SOUL

今日もSHINee、明日もSHINee

「FACE」にKEY作詞曲4曲収録!

"感覚的音楽世界"…シャイニーKEY、ソロアルバム4曲作詞参加

face08.jpg


face09.jpg

face10.jpg

'万能アーティスト'シャイニーKEYが初正規アルバム'FACE'を通じて、直接作詞に参加した4曲を披露する。

KEYの初正規アルバム'FACE'は来る26日午後6時、メロン、ジニー、アイチューンズ、アップル・ミュージック、スポティファイ、シャミミュージックなど各種の音楽サイトを通じて公開され、タイトル曲'強いふりしない(One of Those Nights)'をはじめとした総10曲が収録されており、世界有数の音楽ファンの高い関心を得るものとみえる。

特に、KEYは、今回のアルバム収録曲4曲の作詞に参加して多彩な音楽感性を触れることができ、これまで'アンニョン(You&I)'、'透明傘(Don't Let Me Go)'などシャイニーのアルバム収録曲作詞はもちろん、英有名なエレクトロニック・ポップバンドYears&Yearsの'If You're Over Me'のリミックスバージョン作詞など多数の曲作業を通じての力量を認められているだけに、今回のアルバムを通じて見せてくれるKEYの感覚的な音楽世界がさらに期待を集めている。

KEYが作詞に参加した収録曲'I Will Fight'は'自分が現在直面している状況を克服して、勝ってみせる'という自らの誓いを込めたR&B、バラード曲であり、'Easy To Love'はグルービーなシンセサイザーと甘美なエレクトリック・ピアノのメロディーが調和を成したハウスR&B曲で、一人だから孤独だが、恋愛を始めるには恐ろしいという心情を率直に描いた歌詞が共感を引き出す。

さらに、'憎い(The Duty of Love)'はいつも身勝手な恋人にかわいい愚痴をする姿を表現したポップロックジャンルの曲であり、'This Life'はプログレッシブハウスジャンルの曲で、中毒性の強いメロディと'Carpe Diem (その日を摘め/現在を楽しみなさい)'、'You Only Live Once(YOLO/人生は一度だけだ)'というメッセージが調和して、聞く人たちを魅了させる見通しだ。

一方、KEYは21日に放送されるMBCevery1'週刊アイドル'とtvN'スミのおかず'に出演する。

---------------

ラジオでスポしてくれたように、作詞で4曲も参加!

むっちゃ楽しみだよ...pq


今日は、てみんちゃん、ラジオ2本生出演!
ドキドキでした!w







11/24と次の、2週に渡って「音エモン」に出ます! 近藤夏子がまたー!


よろしくお願いしますTT

billboard JAPANのインタビューが、痒い所に手が届いて、とても良かったですw
SHINee テミン 1stフルアルバム『TAEMIN」リリース記念インタビュー

----
テミン:はい、「Under My Skin」は、元々今のような雰囲気の曲じゃなくて、もっとゆったりとした雰囲気だったんですが、最初にこの曲を聞いた時からメロディが好きで、このメロディに「僕が辛かった時、ファンの皆さんが僕の光でした」っていう気持ちを込めて届けたいと思ったんです。なので作詞をして頂いた方にキーワードを伝えて相談して、今回の歌詞を頂きました。

----

−−パフォーマンスの際、表情も意識されているんですか?
テミン:はい、意識していますね。昔はあまり意識しないで、ステージの上で踊る時は笑わないタイプだったんです。でも今は、お客さんの緊張感も解けるといいなと思えるようになってきて。(ライブ中に)ずっと緊張感を持っていると、僕もお客さんも疲れてしまうと思うので、もっと余裕を持つためには、笑顔も必要だなって思いました。梨乃さん(ダンサー、振付師:仲宗根梨乃)がこのツアーの演出をしてくれたんですが、「Into The Rhythm」は絶対笑顔でやった方がより良いステージなると話し合いました。(実際にやってみて)どんどんその大事さがわかったんですけど、本当に雰囲気が違うんですよね。

----

−−そういえば、ライブの中でアカペラを披露されたそうですね。

テミン:そうなんです、アンコールで歌いました。

−−アカペラを聴けることって中々ないと思うので、その時のお客さんの反応も気になります。

テミン:最初は良かったんですけど…(笑)

−−あれ? 続きが気になりますね(笑)

テミン:最初はプレゼントのつもりだったんです。アンコールをもらってステージに戻った時に「あと2曲しか残っていません」と言うと、ファンの皆さんが寂しくなってしまうと思ったので、ライブの前日、一人で寝る前に「どうすればいいかなぁ」と悩んでいて。その時に「それだったらSHINeeの曲を1曲歌えばいいんじゃないかな」と思ったんです。それでライブの時にふと歌ってみたら皆さんの反応が結構良かったので次の日も歌いました。でも、ファンのみなさんの反応がどんどん大きくなって2曲ぐらい歌うようになってしまって(笑) 

−−最初はテミンさんが考えられたサプライズだったんですね!

テミン:最初は僕からのサプライズだったんですけど、今はお客さんに求められているんだろうなって思っちゃって…

----

−−ファンの皆さんにはどういう成長を見てもらいたいですか?

テミン:ファンの皆さんには、成長を見てほしいというより、僕を見守っていてほしいです。少しずつ変わる自分もいるけど、皆さんともっと思い出や絆を作っていきたいし、これから僕自身も知らない、未来のテミンに向かっている自分を見守ってほしいという気持ちが大きいです。

----

−−大人になるのは大変ですね…(笑)

テミン:何かあるはずです、待ってくださいね……あ! 韓国では電話で出前をお願いしてご飯を持ってきてもらうことが多いんですけど、恥ずかしくてそれができないタイプだったんですよ。電話ができなくて食べることを諦めたりしていて。だけど最近、電話をかけることができるようになりました!

----

いっぱい抜粋してしまった!
なかなか聞けない話満載でした\(^o^)/
関連記事

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

trackbackURL:http://seoulsoul.blog.fc2.com/tb.php/2954-c861bb7a