SEOUL★SOUL

今日もSHINee、明日もSHINee

イスジの歌謡広場

今日の「イスジの歌謡広場」の毒蛇たち、おもしろかったー\(^o^)/

ボラでした!













ヌッパンの時、オニュの唇がキラキラしてて、ファンがすごく知りたがってたからと、
なに使ってるか、調べて来てくれたやつです!!!

公式YTで、フルボラがでてます!ありがたやTT


イスジ:10周年ですが、やりたい活動とかありますか?まだやっていないけれど、これだけはやりたいとか。結婚?
み:急に結婚?!
お:考えてません ⌒▽⌒
み:最近、ワールドカップが近づいていますが、僕は解説を一度してみたいです。一度やらせていただければ、一生懸命準備すれば楽しく上手にできそうです。
お:僕は、ただメンバーたちと旅行に行きたいです。一緒に気持ちを合わせて、いつでもどこでもいいので、ただ旅行に行きたいです。最近、若干計画してたりもします。時間が出来れば、近くでもいいから行こうと。

「Story of Light」について
み:僕らの意見が一番入ったアルバムだと思います。
DJ:意見がたくさん入っているなら、メンバー同士で衝突がありそうですが。
お:お互いにたくさん話しました、ミーティングでも。
み:共通部分は合っていたようです。些細な意見では違っても、大きな部分では違わなかったです。
お:同じ方向を見ているチームですから。

DJ:『I Want You』をタイトル曲にした理由は?やはり季節で?
み:それが一番大きいです。暑くなってくるシーズンじゃないですか。6月初めに出ることを予想して。ファンに対しても、大衆の方々に対しても、涼しげな音楽をお聞かせしようと。これまで僕らがタイトル曲には、パフォーマンスの部分をお見せしていて、涼しげな歌はあまりなかったようで。それで、誰が見ても涼し気な歌を持ってきました。

DJ:3番目を少しだけでもお話してくれませんか?
オニュが、スジぬなが「カウントダウン」を「ディスカウント」って言っちゃって、
むっちゃ指摘してた。「僕はそういうの、見逃せないんですよ~ ⌒▽⌒」

み:雰囲気を変えて、R&Bポップです。

MVは1,2,3と順番通りに撮ったのですか?
お:1,2は、ほとんど一緒に撮りました。3は最後に。

記憶に残ったエピソードは?
お:昨日感じましたが、水中撮影をたくさんしたんです。『テリロガ』MVで水中シーンが1シーンぐらいでたので、『I Want You』ではすごくたくさん出るんだな~と期待して、昨日、僕らもMVを初めて見たんです。無いんですw
DJ:全カット?!!!
お:それで、あ~いつ出るのかな~。おそらく、EP3で叶うのかなぁ~と
DJ:水中シーンはいつ頃しましたか?
お:1か月ぐらい前?
DJ:どこで?
み:水中撮影セットでやったんです。この2人が本当に苦労したんです。なぜなら、キー君とテミン君は水に若干弱くて、すごくキツかったので、僕らは水泳もするし、水に強い部分もあって、ふたりが長く撮影しました。
DJ:ひょっとして、エピソード3であるのでは無く?
オニュ&ミノ:(うなだれながら)無いです。
み:実現しないです。
DJ:ただふたりの思い出の中に・・・
お:期待を一回してみますよ、僕も。
み:期待することもできません、監督が違います。
お:あーーーー><
み:メールででも受け取って、個人満足でもしたいです。

DJ:『トッカム』はどんな曲ですか?
お:最近、季節の変わり目ですから、みなさんが風邪に気を付けるようにとw
DJ:そうじゃないですよね! 愛を風邪のように、愛の病になるなと~
お:はいwww
み:別れた悲しみを、風邪の時の痛みに例えたのですが、季節の変わり目に風邪に気を付けろとか言われたら、僕らが歌った時にこめた感情をどうしたらいいんですか!
お:すみませんでした💦

オニュの人生の歌ベスト3
BOYZ II MEN『I Do』
お:小さい頃から憧れた対象で、こんな風に歌手をやったらかっこいいと。理想形ですね。ロールモデルみたいに、この人達みたいに歌を歌いたいと思って、歌手を夢見て、歌をたくさん聞きました。
DJ:シャイニーメンバーたちはアカペラに挑戦する気持ちはありますか?
み:僕らが考えてみたことは無くは無いんですが、僕らにうまく合うアカペラを探せなくて。探せれば、こういう曲みたいなものに挑戦したいので、期待してもいいです。

1小節だけ!って言われて、結局やらなかったのに、「2小節お願いします!」ってメッセージ来たら、オニュが歌ってくれた\(^o^)/(19:40ぐらい)
「今回はやらなければならない気がして ⌒▽⌒」

SHINee『Sherlock』
お:10年を振り返ると、シャイニーがもっとシャイニーらしくなって、成熟することになったアルバムだと紹介することができそうです。
DJ:ダンスが最高な曲じゃないですか。この時は大変じゃなかったですか?
お:すごく大変でした。
DJ:みんなで合わせて練習するのはすごく大変そうですけれど。ついてこれないコはいませんでしたか?
お:僕ですw 僕が振付を習う時、一番遅くて。
DJ:メンバーが世話を焼いてくれるんですか?
お:もちろんです。待ってくれて。後ろで押してくれて。

Alicia Keys『Diary』
お:人生の曲として選んでみたら、僕が小さい時に先ほどのBOYZ II MENのように、ライブ映像を見ながら、本当にかっこいいと思って、本当に何度も見た曲です。
DJ:ところで、ふたりは日記を書きますか?
お:最近はまた、思いついたことを書いておけば、後で見た時に新しいインスピレーション(ヨンガム)を受けるようで、僕のニックネームがおじいちゃん(ヨンガム)でもあって。
DJ:隣りでミノさんがため息を・・・
み:僕はいいけれど、リスナーのみなさんが・・・
DJ:みんな天使ですよ!
お:愛してます ⌒▽⌒ 例えば、「今日は天気がいい」だけでも後で見たら、その文字を見たら、その時の気分がわかります。

ミノの人生の歌ベスト3
YB『君を見送って』
み:僕の初めての練習曲です。本当にたくさん聴いて、特にMRをたくさん聞きました。
DJ:歌詞が秘密に関する歌ですが、秘密が多いメンバーは誰ですか?
み:そうですね、僕らは秘密は特に無いようです。長く見ているから、なにか秘密がありそうだったら、僕らが聞きますよ。「なんかあるんだろ?」と。
お:実は、隠したい気持ちが無いので、「なんかあるんだろ?」って聞かれれば、すぐに一字一句吐き出してしまいますw

SHINee『ヌナンノムイェッポ』
み:僕らのデビュー曲で、10周年だから、デビュー時のことをたくさん思い出しています。その時、練習して、一緒に同苦同楽した気分をすごく思い出されて、人生の曲だと思って選びました。
DJ:今、自分の声を聞いてどう思いますか?
み:若い。
お:本当にその頃の歌を聴くと清々しいです。
DJ:今は?
お:(眉をハの字にして)清々しいです💦
DJ:その頃のスキニージーンズは持っていますか?
み:その頃のは無いです。スタイリストが変わって。
DJ:すごく正直ですねw 持って行ったの?
お:わからないですけど、その後は見ていません。

www

Usher『Caught Up』
み:この曲のMVを見て、「僕は歌手にならなければならない」と思ったようです。最初は、歌手に対する夢は特に無かったんです。SMに入っても、自分が歌手になれるかどうか、半信半疑だったのですが、このMVを見て、自分もこういうMVをかっこよく撮らなければならないと中学生の時に思ったんです。
DJ:SMに入っても半信半疑だったんですか?
み:歌もできなくて、ダンスもうまくなくて、自分がうまくできるかどうか、自信もあまり無くて。
DJ:自分の夢に対して自信が無い年齢だから~
お:その頃は、半々チキンですよ、実は。
DJ:おいしいですよね。
お:でも、徐々にフライドがいいとか、ヤンニョムがいいだとか、そういう方向に行きますよ。
DJ:オニュさんはその頃、確信があったのですか?
お:僕は深刻なほどに大きかったです。自分は当然歌をするんだ、と。段々、自信が無くなっていきましたw

------------

このコンビでのラジオも3回目だからか、イスジぬなが話しやすすぎたのか、
オニュが冴えてましてwww
おそらく、「ディスカウント」のあたりから、調子が出てきたと思われるwww
ギャグ満載だったwww

ありがとうございます!

関連記事

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

trackbackURL:http://seoulsoul.blog.fc2.com/tb.php/2802-3ba28350