SEOUL★SOUL

今日もSHINee、明日もSHINee

「WHYNOT ザ・ダンサー」制作発表会

昨日5/2、テミンが出演し、JTBCで5/5から放送開始の「WHYNOT ザ・ダンサー」の制作発表会がありました!

共演のウニョク、イギグァンと一緒にフォトタイム~
180502_whynot01.jpg



桜色のサラサラヘアが素敵すぎるTT
180502_whynot02.jpg

かわいいTT
180502_whynot03.jpg

ステージ上で待ってる間、変な動きしてたのがむっちゃかわいくてなTT
180502_whynot04.jpg

ライブ配信された映像なので、フル映像です!ありがたい!



以下、テミン部分の質疑応答。

Q. 撮影してみた感想など。

テミン:今回の機会を通じて、お会いするが簡単ではない人たちだけで、良い縁でお会いすることができて、とても幸せでした。何よりも撮影しながら、一緒に過ごした思い出たち? もちろん主題がダンスを習いながら振付を作ってみる、そんな内容ですが、その他にも僕たちのケミだとか、僕たちの些細な事が良かったです。そんな部分をみなさんもご覧になって、一緒に共感しながら楽しく見ていただけたらうれしいです。

Q. 3人のダンススタイルが違うが、競争になるとか、エピソードはあったか?

テミン:正直に申し上げると、ダンスに対する情熱が消えていた時に、なんというか、そういう感情が湧き始めていたのですが、今回の機会を通じて、また、「ああ、僕がこうやってダンスをするのが好きだったよなぁ」、そんな気持ちを思い出させてくれた人々のようで、そうしながら、競争意識というよりも、何かその楽しさをたくさん感じました。もちろん、それぞれ上手な部分があるから、そんな部分を見ながら、お互いに手本にして、「ああ、こういうこともできるんだなぁ。こうやってやる方法もあるんだなぁ」と思いながら、お互いに助けになる良い作用があったと思います。僕は本当に個人的に、今回の撮影が楽しくうまくいったようで… 僕だけあまりに楽しかったのかな?www

ウニョク:テミニがいて、とても楽しかったですw 先ほどの質問で、僕らが第三のメンバーを訪ねて行くという内容があってそれがテミニだったという質問でしたが、実際に僕らふたりとも、PD様にも「テミニと一緒にすごくやりたい、テミニじゃないとだめだ、制作費の半分を使っても、テミニを必ず連れてこよう」とずっと話しながらw テミニの明るいエネルギーだとか、そういう部分が僕にとても助けになりました。

Q. 「ダンスに対する情熱を失った」ことについて、もう少し詳しく教えてください

テミン:否定的な感じに受け止められるかもしれませんが、そういう感じよりも、以前、僕にとって幸福とは、踊りを踊る時すごく楽しくて、そうやって僕がこの歌手という仕事をさせてくれるのはダンスだと考えているんですが、いつまででもダンスを常に好きでいることはできないようです。ある時は嫌気がさす時もあるし、ある時はまた好きな時もあって。そういうものが反復しているので、この時がちょうど情熱が冷めていた時期だったようです。周辺でも他の楽しみを感じていた刹那に、「WHY NOT ザ・ダンサー」が入ってきて、またダンスに対する楽しみが蘇ってきた、そんな感じと言えると思います。すみません、言葉を難しく言いましたねw

Q. チュンクン(踊りやさん)を選ぶなら?

テミン:あまりに上手な方が多いので、ひとりだけ選ぶのはとても難しいと思うのですが、その中でも僕は個人的には、何かこの人は違うと思うのは、NCTテンさん。持っている雰囲気だとか、他の人が持っていないような、なにかただ技術がよいとかそういうのではなくて、一つ一つ表現して出す能力があるようで、カラーが特別なものを持っているようで、僕はすごく、テンさんが好きですw

Q. CP様が考える3人の魅力は?

キムCP:(前ふたりは省略)テミンさんは、とんでもない魅力を持っていると感じました。私もこの子を見ながら童心にずっと戻らされる… 顔だけ見ても、人を楽しくさせてくれる、活力素の魅力があると思います。

Q. 鑑賞ポイントは?

テミン:先に放送を見ましたが、なにか、それぞれのメンバーたちが正直な感情をお見せしたようです。ダンスへの情熱が多いので、正直な感情も入って行って、それに対する渇きだとかそういう部分を見ながら、ああ、こういう姿をこの放送を通じて見せることができるんだなと思いました。その他にも、ダンスだけじゃなく、僕らだけでやった料理をして食べて、お互いに話をしたりしたのが、僕はそれが一番楽しかったです笑。それなので、その部分を見ていただけたらうれしいですw

ウニョク:そうですw 実はダンスすることよりも、それがもっと楽しかったですw

-----------------

最初記事だけ読んで、「ダンスへの情熱を失っていた時に出会った」という部分がやたらと出ていたので、これまでひたすらと駆け抜けてきたのに、あれ以来、1か月ぐらいは休みを取っていて時間があって、大きな精神的ダメージの前では、そりゃ、いくら好きなダンスでも、考えたくなくなった時間があったんだろうな、と勝手に想像してしまったのですが、違いましたw

まぁ、心の底にはそういう部分があったのかもしれないけれど。

仕事にもしていることを、ただひたすら「好き」だけでは、そりゃいられないよね。
また、昔の気持ちを思い起こすことができたのは、すごく良かったよ。

うにょぎも、先輩として、すごく気を遣ってくれてるなって思いました。ありがとうTT

もうすぐ放送開始です!楽しみ!

関連記事

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

trackbackURL:http://seoulsoul.blog.fc2.com/tb.php/2757-8e2d1902