SEOUL★SOUL

今日もSHINee、明日もSHINee

ミノ@シネタウン

去年、やり残したと思うこと、たぶん、これで終わりかなー。

12/13にミノが出演したSBSパワーFM「パクソニョンのシネタウン」です。

ミノが単独でラジオに出演したのは初めてなので、これは記録しておかないと…

ミノが出演したのは、tvNドラマ「世界で一番美しい別れ」の話題ででした。


公式のではないですが、ボラを置いておきます…



メラニア夫人を実際に見て
み:まず、すごく背が高いなぁと思いました。そして、歓迎してくださったのがありがたかったし、行事の最中、僕を気遣ってくれる感じがして、ありがたくて、光栄でした。

「世界で一番セクシーな男12人」に選ばれたことについて
み:僕も知らなかったんですけれど、ファンの方々が教えてくださって見たんですけど・・・僕もなんで僕がここに上がったんだろう?とw 不思議でした。

「世界で一番美しい別れ」について
み:撮りながら泣きましたが、先週、放送を見ながらまた泣きました。
DJ:本読みでも泣いたとか?
み:実はひとりで台本を読んでいる時も涙が出ました。すごく悲しいドラマで、こういうドラマをやれることが光栄だ、自分にとって大きな助けになるだろう、と思って本読みに行ったのですが、先輩たちの声で直接聞いたので、本当に感情がそのまま伝わってきたので、それが隣りから伝わって来るので、今考えても涙が出そうなくらい、あまりに悲しくて
DJ:誰かに気づかれましたか?
み:気づかれざるをえないのは、ずっと涙が出ていてwww
実は、自分は涙は少ない方だと自ら思ってたんですが、今回の作品を通じて、自分がこんなにたくさん泣けるんだと知りました。

撮影現場について
み:先生方とする撮影だったので、すごく心配しました。一番年下だし、すごい後輩だし。でも、僕がなんでそんな心配をしたのかと思うほどに、すごくよくしてくださって、むしろ、僕が先輩方や先生方のおかげで、気を遣ってくださって、気楽に接してくださって、そういうものがカメラに収められたと思います。ありがたいことに、僕は最高の課外授業を受けた気分です。

高校生でデビューして、もうすぐ10年。幼い年でデビューすることは怖くなかったですか?
み:その頃は何もわからなかったんだと思います、今考えると。怖さがないからデビューできましたが、むしろ、デビューして時間が経って、後悔も生じて、惜しさも大きくなったようですが、むしろ、何もわからない時にデビューしたことが良かったと思うのは、たくさんの思い出があって、そんな幼い頃の姿を見たら、恥ずかしくも思いますが、そんな部分も自分の一部だと思っているので、そういう部分があったから成長することができたし、そんな部分が良くてファンになってくださった方も多いので、初めは恥ずかしいと思っていましたが、今はむしろ自分の自慢と思っていて、デビュー当時の幼い頃の写真や映像が残っていることは、大きな祝福のようです、自らの。

リクエスト曲は、映画「マミー」の主題歌オアシス「One the One」。
曲中はずっと、「マミー」についてパクソニョンさんと話していたとw

今、映画「人狼」を撮影しているという話で、元々キムジウン監督の大ファンなので光栄ですというミノ。
どの映画が一番好きですか?
み:甘い人生。50回以上は見たようです。

50回ってすごいな!w

公式のインスタです~




関連記事

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

trackbackURL:http://seoulsoul.blog.fc2.com/tb.php/2666-ff727695