SEOUL★SOUL

今日もSHINee、明日もSHINee

SHINee3500日と、オニュと、ジョンヒョンと

オニュさんが、インスタにメッセージを載せました。




「あなたが誰でも、何をしても関係ありません。でも、ひとつだけ忘れないでください。その誰かはあなたをあなたよりも愛しています。僕も応援しています。愛しています。」

オニュさん、辛い中、メッセージをありがとう。

それはジョンヒョンに宛ててでもあるし、それを読んでいる人に宛ててでもありますよね。
そして、その言葉をそのまま返したいです。私もあなたよりもあなたを愛しているよ。SHINeeを愛しているよ、と。


そして、今日は、SHINeeがデビューして3500日目だそうですよ!

3500日前、私はSMエンターテイメントから新しい男子グループが出ると聞いて、ティーザー見て、MV見て、うっわ若い!でも歌すごいよくない??と、一気に心を持って行かれ、あっという間にファンになっていました。

この日記は、別の場所から引っ越ししてきましたが、SHINee日記として書き始めたのは、2008年6月16日

自分ではどれぐらい好きでいるかなんて予測していなくて、むしろ、どうせ他に好きな子たちもでるでしょ?ぐらいに思っていたのに、気づけば、他の人たちも見れば見るほど、「やっぱりSHINeeが一番!」ってなって、どんどん他の人への興味が薄れ、SHINee Onlyになり、ここまで来てしまいました。

自分でもびっくり!(笑)

10周年を目前にし、ずっと見守ってきた身としては、本当にいろいろあったわけで…

そして、まさかのジョンヒョンの自殺。

正直、頭ではわかっていても、まだ心ではわかっていない気がします。
整理できてないけれど、でも、ちょっとジョンヒョンについて書きたいと思えてきました。


キムジョンヒョンという人…

自分のことを「이야기꾼(語り手)」といつも言っていました。

今は歌手と言う職業で、作詞・作曲活動もし、「歌」で表現してきたけれど、
将来、違うことをしていたとしても、「이야기꾼」であると思うと。

その言葉のように、ジョンヒョンは、DJという役割を得たことで、
自分では経験しえなかったようなことをリスナーのメッセージから疑似体験し、
実体験からは感じることがなかったようなことも感じることができて、それを歌として昇華させていた。

ラジオではコメントする時もいつも真剣に話を受け止め、自分の考えを述べていたように思う。

私のような人間ならば、数々の話は、同情したり共感したりはするけれど、
冷たく言ってしまえば、「他人の事」であって、直接の自分の痛みでもなければ、
そこへあえて踏み入りたくないという思いになってしまうけれど、
ジョンヒョンはそういうものも、自分というフィルターを通して歌に昇華させていたのだ。

だからこそ、彼が作り出す歌は、暖かかったり、苦しかったり、胸に響くものが多かった。そして、それはやっぱり、人間の心を削りながら生み出していたと思えてしょうがなかった。どうしてそこまで?と思うことも多かった。

いつも笑って、「僕は憂鬱を楽しむタイプです。憂鬱な時はあえてどっぷりと悲しい歌を聴いたりして浸ります」と言っていたけれど、私には理解できなかった。だって、憂鬱な感情を持ち続けることは、自分が辛いから。

でも、そういう繊細な感情が、あの素敵な曲たちになるのだったら、彼にとっては必要なものなのだろう、だから、苦しみの中から何かを生み出そうとしてる彼を見ているのは、危なっかしかったし、不安にもなったけれど、きっと大丈夫なんだろう、そうやって彼は生きていくのだろう今後も、と勝手に思っていたのだ。

でも、大丈夫じゃなかった。

彼の悲報を聞いた時、まさかと思ったけれど、その一方で、彼はそちらを選んでしまったんだとも思ってしまった。

「理解するより認めること」

いつも座右の銘として彼が上げていた言葉。

理解はできないけれど、認めるしかないし、今後、彼がいるべき場面で彼がいないという事実を突きつけられる度に、その現実を知っていくのだと思う。

ただ、彼が残してくれたものはたくさんある。
今後新しいものをワクワクして待つ楽しみは無い。
でも、私も年を重ねて彼の歌を聴くたびに彼の歌は違って聞こえるかもしれない。
今はなんかちょっとよくわからないと思う歌詞も、違って聞こえたりするのかもしれない。
そういう楽しみはあるかもしれない。

Dear Cloudのナインさんにあの遺書を託した意味もいろいろ考えてしまう。

彼がラジオを始めた時から終わるまでの3年余りを一緒にしたナインさんは、彼にとってとても信頼できる人で、自分の味方なのだったと思う。ラジオを聞いていると、どうやら、ジョンヒョンは自分が曲を作ると、いつもナインさんに送っていたらしい。「私だけいつも先に聞いてしまって申し訳ない」とラジオで言っていたから。それでいつも感想をもらったり、アドバイスをもらったりしていたのだと思う。その過程で、信頼関係は作られたし、彼女ならば必ず託した遺書を公開してくれるだろうという思いがあったのではないか。

そうやって公開したかった遺書、そこには仕事がどうのとか、会社がどうのなんていうことは一切書かれていなかった。だから、下世話な憶測での記事など、相手にしなくていい。

そこに書かれていた、病への理解が必要だと思う。同じ病で苦しんでいる人たちの役に立ったらいいと思う。
誰もが心に持っている闇、その存在が自分よりも大きくなってしまうこと、なかなか理解しがたいと思うから。

個人的なわがままをいうなら、もちろん、生きていてほしかった。
でも、もう彼は頑張れるだけ頑張った末、死を選んでしまった。
それを否定するよりも、今は故人が安らかでいることを願う。
太く短く生きた彼の人生は、たくさんの人の心に刻まれると思う。
実体は無いけれど、誰かの心に残っているなら、それは生きていることだと思うから。
たくさんの人の心に残り続けてくれれば、彼は生き続けていられる。

今時点の気持ちとしては、やっぱり、好き。大好き。
軽々しくこれからもずっと好き!なんて宣言はできないけれど、忘れることは無い気がするよ。

ありがとう、ジョンヒョンさん、これからも一緒に進んでいこう!!!

関連記事

20 Comments

みちる★ says..."Re: タイトルなし"
ゆうさん

こんにちは。
常々、たくさんの方々にシャイニーや、メンバーたちの音楽を聴いてもらいたいと思っていましたが、皮肉なことに、今回の事で、初めて知るようになって、ファンになってくださった方もいるようですね。

そんな方の思いを直接聞けて、うれしいです。

これからの彼を知ることはできないけれど、彼が影響を与えた物はたくさんこの世にあり、直接残してくれたものもたくさんありますので、少しずつ、触れていただけるとありがたいです。

一言では語りつくせないので、読んでいただけたらうれしいです。約10年分ありますけど!!笑
2018.01.19 21:11 | URL | #nmxoCd6A [edit]
ゆう says...""
わたしは皮肉にもジョンヒョンのことがきっかけでジョンヒョンに惹かれ、SHINeeのファンになりました。
Twitterでみちるさんを知り(フォローさせていただきました)このブログを知りました。

わたしの1番最初に知ったジョンヒョンは、ナインさんの公開した遺書と遺影なんです。。
その後、Twitterで見たSHINeeの動画でパワフルなジョンヒョンを見て、その二面性にあっという間に引き込まれてしまいました。

みちるさんのブログを読んで涙が止まらなくなり思わずコメントしてしまいました、ごめんなさい。
わたしは新米ペンなので、みちるさんの過去のブログも読ませてくださいね。
2018.01.19 02:04 | URL | #- [edit]
みちる★ says..."Re: タイトルなし"
鍵コメさま

何きっかけか気になっていたので、ありがとうございます!
いつでもコメントくださいね~^^
2018.01.06 11:50 | URL | #nmxoCd6A [edit]
says..."管理人のみ閲覧できます"
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2018.01.05 22:27 | | # [edit]
みちる★ says..."Re: お返事ありがとうございます"
鍵コメさま

Kポからの入りじゃないんですね! そういうの、うれしいです!
彼らの音楽は、いろいろ飛び越えてますからね!

いつでもコメしてくださいませ^^
10年前の日記はかなり恥ずかしいですが笑、こうやって記していくのは、自分にとって価値があると思って続けてきました。
よろしかったらお付き合いくださいませ^^
2018.01.05 21:16 | URL | #nmxoCd6A [edit]
says..."管理人のみ閲覧できます"
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2018.01.05 13:50 | | # [edit]
みちる★ says..."Re: はじめまして。"
鍵コメさん

こんにちは。コメントありがとうございます。
去年の12月とか、ホントに矢先ですね…
恋愛初期みたいに、一番盛り上がってる頃だったと思うので、私とはまた違う辛さがありますよね。

そもそもが限られた命を持つ私たちは、どれだけ生きたかもあるけれど、どんな風に生きたか、なのかなと。
たくさんに人の胸に刻みつけられているというのは、誰にでもあることではないこと。

そう思って、彼に出会えたことに感謝し、たくさん彼のことを思い、曲を聴きながら、一緒に生きていきたいなぁと思います。

なかなか心の傷は簡単には癒えないと思いますが、残された人たちが苦しまないことを願います。
2018.01.04 22:26 | URL | #nmxoCd6A [edit]
says..."管理人のみ閲覧できます"
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2018.01.04 21:56 | | # [edit]
みちる★ says..."Re: タイトルなし"
ぐずりさん

お久しぶりです。コメントありがとうございます!

あの病気にかかったことが無い人には理解しがたいけれど、
私は彼の遺書を読んで、その病気の果てにあるのが、自分を殺すということだったと思ったので、病気がそうさせたと思いました。
病気を克服できれば一番良かったのだと思いますが、心の病なだけに、なかなか自分にあった医者に巡りあうと言うのは難しいみたいですね。
がんばってがんばってがんばって、あそこまで生きてくれた、と思いました。
そんな彼に「もっとがんばりなさい」なんて、私には言えない…

彼の幸せいっぱいにステージで歌う様子や、愛おしそうにファンに向けてくれる視線を思い出してばっかりですよ。
確かに彼は幸せを感じてそこにいたと思います。嘘であんな表情できないと思いますよ。

これからもずっとたくさん残してくれたものを愛おしんでいきましょうね。
2017.12.28 22:49 | URL | #nmxoCd6A [edit]
ぐずり says...""
ご無沙汰してます、ぐずりです。
みちるさんのお言葉に励まされます…
長くなりますが吐き出させてください。

私は最初、ジョンがそんな選択をすることが信じられませんでした。
すごく繊細だし、危うげな子だとは思っていましたが、ご家族やSHINeeを始めとして大切な絆をたくさんもっている人だから、その人たちへの愛が勝ってくれると信じていたんです。
遺書を読んでも、コンサートの度に泣いてありがとうと言ってくれたのもずっと5人でSHINeeでいたいと言ったのも嘘だったのかと、何がジョンの意思だったのかわからなくてつらかったです。

でもジョンが決めたことなら受け入れよう。
でも私たちの応援が彼を苦しめたんだとしたら。
そうぐるぐる悩んでいた時に
「ジョンは自殺じゃない。病気で亡くなったんだ」というツイートを見て、少し腑に落ちた気がしました。
最後は病気で苦しんだかもしれないけれど、27年の間には本物の笑顔もあったし、幸せだと思ったこともあったはずだ、
本当にずっとつらいことばかりだったわけではない、という考え方に救われました。

ジョンの幸せな顔、苦しんで生み出した音楽、彼が残してくれたものを私の一生をかけて慈しんでいくと思ったら、それはそれで幸せかもしれないと今は思っています。
みんな強く生きなければなりませんね!

乱文失礼致しました。
今後もブログ楽しみにしています^^
2017.12.28 13:40 | URL | #- [edit]
みちる★ says..."Re: タイトルなし"
haruruさん

ご無沙汰しています。
私もすごくharuruさんと似た感じです。
涙は流れるのですが、思いっきり泣いたりはしていないんですよね、なぜか。
あまりに長い間見ていたので、目をつぶれば、あんな場面もこんな場面も思い浮かんで、
まだいるんじゃないか…という気さえしてしまうせいかも。
メンバーたちがすごく気がかりですよね。
それぞれが無理をせず、穏やかな気持ちで前を向いてくれたらいいですね。
2017.12.26 20:47 | URL | #nmxoCd6A [edit]
haruru says...""
みちる★さんご無沙汰しております。
ジョンヒョンの死。とっても驚き悲しくて寂しくて嘘であってほしい・・・と今も思っています
頭ではわかっているのに心がついていかず
目は潤むのですがまだちゃんと泣くことすら出来ずにいます
5人のSHINeeが好きでした。
でも誰ペン?と聞かれればジョンヒョンと答えていた私
ほぼデビューからずっと見守っていたから失ってもまだそこにいるんじゃないかって思ってしまいます
だけどもういないんですよね。
シャヲルの私たちですらこれだけの心を痛めているのにメンバーたちはと考えると想像を絶して言葉が見つかりません
少しずつでいいからジョンヒョンもオニュもキーくんもミノもテミンも心が穏やかになれる日が来ることを祈るのみです
みんながそれぞれの幸せを感じられますように
2017.12.26 16:52 | URL | #- [edit]
みちる★ says..."Re: タイトルなし"
きういさん

こんにちは。いつもご覧いただいているようで、ありがとうございます!

じょんくんが歌うように、一生泣いて過ごすわけじゃないと思うので、
いっぱい泣いた後は、じょんくんの幸せを一緒に願いましょうね。

コメントありがとうございました。
2017.12.25 23:06 | URL | #nmxoCd6A [edit]
きうい says...""
初めまして。
SHINeeペンになってから、さほど年月が経っていない為、いつもみちるさんのブログやTwitterを姉妹共々楽しみにしつつ、情報をいただいています。笑

SHINeeの中で誰が好き…
とかはもちろんあるんですが、それ以上に5人のSHINeeが大好きでした。
久しぶりに誰かのファンになり、いつもSHINeeやジョンの歌声に癒されてきました。

ジョンの自殺…
当初は向こうの世界に逝ってしまい、もう会う事が出来ない悲しさがありましたが、何故気付いてあげれられず、ペンとして支えになってあげれなかったんだろうと…
悔やみ、涙涙の日々でした…

でも今は向こうできっと幸せになってくれていて、暖かくあの笑顔で家族やメンバー、シャヲルの事を見守ってくれているだろうと信じています!
じゃなきゃ許しません!笑

SHINeeに出会え、ジョンを愛せた事が人生を豊かにしてくれています!
姿はありませんが、心の中でずっと生き続けてくれていると思います。

これからもSHINeeペンです!

長文、失礼しました!
2017.12.25 19:55 | URL | #- [edit]
みちる★ says..."Re: タイトルなし"
asaさん

こんにちは。
コメントありがとうございます。

もはや、記録することに特化した日記ですが、こちらこそありがとうございます!

4人がゆっくりとこれからを考えて、結論を出したなら、それを応援していきたいですね!
2017.12.25 13:00 | URL | #nmxoCd6A [edit]
asa says...""
はじめてコメントしています。
SHINee大好きだけど、韓国語はぜんぜんわからないので、いつもみちるさんの記事を頼りに楽しませてもらっています。


みちるさんは長い間SHINeeを見守ってくださってて、過去の記事も読むのがとても楽しいです。
丁寧なブログに感謝です。


今後、SHINee4人がまた心にジョンヒョンを抱きながら、愛しながら私達の前に現れてくれることをお祈りしています。


2017.12.25 01:30 | URL | #- [edit]
みちる★ says..."Re: タイトルなし"
mayuさん

メッセージありがとうございます。
本当に…こちらが見ていて痛々しく思うぐらい、繊細で感受性豊かで…
もうちょっとスルーすればいいのにと思うことも正面から受け止めて…
生きていくのはしんどいですね…

私も、今の辛い思いを差し引きしても、もらった幸せの方が断然大きくて。
幸い、彼が残したものはたくさんありますから。
忘れずに大切にしていくことかな、と思っています。
2017.12.24 17:35 | URL | #nmxoCd6A [edit]
みちる★ says..."Re: 現実の事とは思えません"
鍵コメさま

メッセージありがとうございます。
今回のことはショックすぎて、どう心を整理したらいいかわからないですよね・・・
本当にSHINeeにしか興味が無くて笑 
心を埋めてくれるものは他には見当たらないし、変わるものは何もないんだろうなと思っています。
メンバーたちが前を向いて歩いてくれることを願うばかりですし、彼らの今後を全力で応援したいと思っています!
2017.12.24 17:31 | URL | #nmxoCd6A [edit]
mayu says...""
みちるさん、いつもありがとうございます。

ジョンヒョンをみるときいつも、こんなに感受性豊かで繊細な子が、よくあの韓国の過酷な芸能界でやっていけてるなぁと思ってました。

わたしも感受性が豊かなほうですが、やはり生きていくのはしんどいです。

いろいろな感じなくていいようなものまで感じ取ってしまうから。

いろんな出来事に真摯に向かいすぎたんですね。どのタイミングでも目をそらして逃げてでも自分を守ってほしかったです。

痛みはしばらく痛いままですが、シャイニーのジョンヒョンを知らなかった人生よりかは、シャイニーのジョンヒョンという人がどんな人で、どんなに素晴らしかったかを知って、そして失うほうが私にとってははよかったとおもいます。
もちろん決して失いたくはなかったですが。
2017.12.24 12:11 | URL | #7Vwe54W6 [edit]
says..."管理人のみ閲覧できます"
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2017.12.24 10:08 | | # [edit]

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

trackbackURL:http://seoulsoul.blog.fc2.com/tb.php/2657-01e7cf37