SEOUL★SOUL

今日もSHINee、明日もSHINee

テミン@オールドスクール

12/11の「キムチャンニョルのオールドスクール」ボラ、見ました!

キムチャンニョルのオールドスクールは、毎回、本人による全曲紹介があるから、逃せないよね!

チャンニョルさん、ミュージシャンだけに、音楽的なことも引きだしてくれるし、よきです!!!







SHINeeインスタのかわゆいてみんちゃんもー

라디오에서 금방 다시 만나요 안녕~~

A post shared by SHINee Official Instagram (@shinee) on





て:自分ではわからなかったけれど、人と比べると、練習をたくさんする方みたいです。練習のために、スケジュールを減らす方です。もちろん、できない場合もありますが、最大限、準備をたくさんするようにしています。

て:夢だったソロコンサートを叶えてみたら、僕を応援してくれるファンがすごくありがたかったし、メンバーたちに対してもすごくありがたかったです。
DJ:どんな部分で?
て:メンバーたちがいなかったら、僕がこの場所でコンサートをできただろうか。おかげで僕が大きな舞台に立つことができるので。僕がSHINeeに対しても助けにならなければならないとすごく考えました。

ジョンヒョンのMOVEを見てどうだった?
て:実はマネージャーヒョンから聞いてたんです。お前が来るからって何かを準備してるみたいだって。実は、12/9がミノひょんが誕生日で注目を浴びそうだからさみしいって、冗談で言ってたんですよ。ミノひょんと行くのやだ〜って。その話を聞いて、こっそり準備したみたいです。ありがたかったです。

『昼と夜』の歌詞は、本人の経験談ですか?
て:僕の経験談ではありません。昼と夜を男女に比喩したんです。昼と夜が離れているじゃないですか。そういうことを愛の話にして書いたのですが、男のキャラクターを悪い男にしたんです。でも、僕の経験談ではありません〜〜6v6 単に机の上から出た、僕の想像力です〜

経験でもないのに、こんな切ない歌詞が出るの?
DJ:映画やドラマ、本とかから?
て:そういうこともありますが、僕が今年、感性が鋭敏になったんですよ、おかしなくらい。
DJ:中二病にかかった?
て:若干、そういう感じでw 関心を受けたくて〜w しかも秋から冬だから、さらに感性が鋭くなる時で、こういう歌詞が出ましたw

JBJのキムドハン君が「テミンさんと一緒に活動出来てすごく幸せだ、テミンさんがロールモデルだ」という話をしていましたが、後輩たちにロールモデルだと言われる気分は?
て:誰かのロールモデルだというのは、想像もできなかったです。まだ早い、と。
DJ:別名が「トロールテ?」
て:またロールモデルテミン?w 恥ずかしいですね。僕が例えばピひょんとか、マイケル・ジャクソンとかの映像を見ながら、僕のロールモデルでしたが、いつの間にか、僕をロールモデルだという方ができた時、振り返って見ると、僕も長くやっているな~、それから、これから僕が苦労してきたことに対して、プレゼントをもらった気分でした。僕にとっては大きなプレゼントです。あまりにもありがたくて、すごくうれしいです。

『昼と夜』は直前まで修正していたそうですが、一番重点を置いたのはどういうところ?
て:実は、すごく悩んだんです。今回は歌を易しく書いたんです。今までの歌は聴きづらい、マイナーだ、マニアックだという声をたくさん聞いたので、僕が大衆の方々と親しくなりたい、大衆性を備えたいと思ってそんな風にしてみたんです。それで、季節感のあるバラードを収録して。それで所属社で振付に象徴的な、フックのようなものがあったら良いと言われたんですが、それができなかったんです。
DJ:考えもせずに弾けるのがそういうのもですよね。
て:考えるから余計に出てこなくて。元々はそういうのには気を遣わずに作業してきましたが、今回、そういうのを考え始めたら、むしろ難しかったです。修正もたくさんするようになってしまって。
DJ:それで満足しましたよね?
て:実はちょっと惜しいです。なぜなら、時間が無くて。実は、昨日まで放送をして、今週また放送がありますが、振付を修正しようと思っています。それで、今日明日は作業をします。

アルバム曲紹介~~

LOVE
て:愛の話です。何も言わずに去って行った彼女を恋しく思う歌詞です。PBR&Bというジャンルですが、聞いていただければ、感性とそのジャンルの魅力を感じることができると思います。

ヌンコッ
てチョンジュニルさんが書いてくださった曲で、それだけ意味もありますし、この季節に合う歌詞・感性です。

CRAZY 4 U
て:僕が個人的に尊敬している作曲家DEEZが一緒に作曲してくれた曲ですが、前の静かな雰囲気からコーラス部分で弾けるのがすごく印象的な曲です。

Heart Stop
て:Red Velvetのスルギさんがフィーチャリングしてくれた曲ですが、それで僕のアルバムで初めて、誰かと一緒に作業することになった曲です。
DJ:ファンの方々が探し出しました。『Pretty Boy』!
て:すみません。3回目でしたw なぜなら、『ACE』という曲は、東方神起のチャンミン先輩がコーラスしてくれたんです。それから、『Pretty Boy』は、EXOのカイさんが手伝ってくれてw 3回目ですねwww 精神が…www
DJ:でも、全部SMじゃないですか。他の歌手と一緒にコラボしたい考えはないですか?
て:もちろんですよ~ でも、急に考えると思い浮かばないですねw
DJ:チェンさんが出て、10cmのクォンジョンイルさんとしたいって言ったら、デュエットすることになったじゃないですか。
て:ホントですか? 考えてみないと💦

RISE
て:静かなポップソングですが、僕の抱負を込めた歌詞の内容になっています。
DJ:これからの未来?ビジョン?
て:僕がもっと浮かび上がるんだ、RISE、そんな意味を込めています。神話のイカロスがあるじゃないですか。飛んで行って太陽で燃えて落ちるけれど、この内容は落ちません。ずっと浮かび上がっていきます6v6

DJ:テミンさんは音楽への欲が深いですよね? 多様な挑戦もたくさんするし、すごく神経を遣って作ったという匂いがしますよ、アルバムに。
て:本当ですか!ありがとうございますぅ♥
DJ:音楽を選ぶ時も気を遣ってそうです。
て:そうです。録音も普通、1回じゃ終わりません。何回も録音を反復する方だし、ミキシングも何回もする方です。
DJ:エンジニアさんはすごく大変そうですね
て:申し訳ないですよ。細かくチェックする方です。

I'm Crying
て:日本のアルバムに収録されている曲ですが、それを編曲と、韓国語に翻案してアルバムに収めることになりました。

Thirsty
て:僕のアルバムで一番マイナーなやつ。お前の愛に喉が渇いている、そんな歌詞の内容です。
DJ:声が曲によってかなり差がありますね。
て:そうですよね。
DJ:それだけよく表現しているっていうことじゃないですか。
て:ありがとうございます♥
DJ:すごく独特です。
て:この曲は独特な感じで歌いました。

ミロ
て:この曲はビートが魅力的な曲です。コーラスの部分がすごく魅力的です。反復的に「ユー」と出る部分があるのですが、楽に聞ける曲だと思います。
DJ:EDMに関心は無いんですか?
て:SHINeeでたくさんやって、関心はるんですが、ぶつかりたくなくて。他の色をつかんでいたら。

Back To You
て:ほぼギター1つに重点を置いた曲で、アルバムの1番最後に置いた曲です。

チェミョン
て:別れの曲です。目を瞑るといつも君がいるのに、君はいない。催眠にかかって忘れたいという内容の曲です。僕の歌のために泣いたことがあります。先ほどの『I'm Crying』という曲です。初めてのコンサートを日本で開くことになったのですが、とんでもない中で準備してたんです。日本でドラマを撮りながら、夜中に振付の練習をして、さらに夜中にドラマ撮影に出て、そんな風にしてたら、リハーサルしてたら泣いてしまったんです。正気も失って、リハーサルしてても合せることができなくて、間違って、大変なことになったんです。それで、この曲を歌いながら波が急に…www
DJ:曲が悲しい感じもあって、感情が沸いたんでしょうね。
て:そうみたいです。この曲も同じように、感情を奮い立たせる曲です。


これからの目標はなんですか?
て:ただ、一生懸命やりたいです。まだ若くて、生き生きとしたエネルギーがあるこの年齢を、若い青春を僕は覚悟したようです。笑い話ですが、僕がやっている歌手いう職業に全てを捧げて、良いミュージシャンになって、ロールモデルと言ってくれる人が多くなっているようにもっと良い人々に良い影響を及ぼしたくて、それだけたくさんの愛を受けたいです。僕が施した分だけ、僕がすべて受けたいんです、愛をw


てみんさんTT

ストイックすぎるし、その分だけ、お返しをもらえる資格、十分すぎると思うTT

公式クリップです~





昨日のサイン会で、『昼と夜』がタイトル曲になった裏話を語ったようで…

会社側では、リパケのタイトル曲は、『チェミョン』に決めていたけれど、テミンは既存曲じゃだめだと言って、それじゃ、『I'm Crying』になった。でも、5分もある曲で、ファンがストリーミングするのも大変だし、会社側からダンスをつけろと言われて、この曲だとバレリーナ級のダンスじゃないとダメだと思って、作曲家に会いに行って、作り始めたと。会社側からは今からじゃ間に合わないと言われたけど、日本コンサートの後の深夜に曲入れして、会社に送って、タイトルにしたと。この曲はファンへのプレゼントだと。

たぶん、こんな感じの話。レポからなので、正確にはわからないけれど。

テミンさんのこだわりの強さはすごいし、やるとなったら、会社をも動かせる力があることもすごいし。全てがすごい。もう、ほんと、ついていくしかないし、なんとしても、少しでもファンとして助けになりたいと思うTT
関連記事

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

trackbackURL:http://seoulsoul.blog.fc2.com/tb.php/2648-daa58256