SEOUL★SOUL

今日もSHINee、明日もSHINee

オッチョダ18 第6話

9/4配信の「オッチョダ18」第6話です!

ハンナビの家の近くに到着し、出てきてほしいとしつこくメールを送り続けるギョンフィ。

「5分!」「3分!」「それがだめなら1分1秒でもいいから!」

あまりのしつこさに、仕方なく出て来たナビw
170904_18_01.jpg


うれしくて近づくと「3歩!」と、いきなり蹴られるwww
170904_18_02.jpg

しかも、1分1秒のタイマーかけられたw
170904_18_03.jpg

ギョンフィ:お前が俺を生かしてくれたんだよ。だから俺はお前のおかげで生きたくなって、お前のおかげで生きられるようになったんだ。

もちろん、お前は覚えていないだろうけど…。とにかく、オレはお節介を焼くよ。お前の立場では慌てるかもしれないけど、それが俺にできる最善だから。
170904_18_04.jpg

そこまで言うとタイマーが鳴り、さっさと引き上げるナビ。
それでも、思ったほど様子が悪くなさそうでほっとするギョンフィでした。

朝から着いて回っていると、あのいじめっ子たちにひっかかるw
170904_18_05.jpg

ギョンフィが予告した、人差し指を本当にケガして、どういうことだ?!とつっかかるいじめっ子たちだけど、それどころじゃない!と、強い態度ですり抜ける。
170904_18_06.jpg

これまでのギョンフィとは違います。

ナビがダウニの病室へ行くと、ジヌクおっぱが病室の前に!

「あいつ、お前の彼氏か? お似合いだな」と。

実は、ギョンフィはジヌクに会っていたのでした…

サウナから出ようとするジヌクをスルギと共謀してサウナに閉じ込めて、半ば脅迫w
170904_18_20.jpg

ギョンフィ:一生逃げてはいられない。一度はぶつかる方がこれからのお前の人生にとってもいいはずだ。

170904_18_21.jpg

「わかったから、出してくれ!」と、ようやく条件を飲んで、サウナから出たジヌクにさらに釘をさす。

ギョンフィ:死にそうに辛かっただろ? ハンナビはこの1年間その中にひとりでいたんだよ。息が詰まって死にそうで、寂しく、苦痛を味わいながら、ひとりであの中にいたんだよ。だから、1度だけハンナビの願いを聞いてやってくれよ。難しいことじゃないじゃないか。

ジヌクは、意を決してダウニの病室に入り、泣きながらギターを弾いて歌う。
それを病室の外で聞いているナビ。
その様子を見ていたダウニのお母さん。
そして、さらにそれを見守るギョンフィ。

170904_18_07.jpg

病院から帰ろうとするナビが電話した相手はギョンフィ。うっかり、携帯が鳴ってしまうw
170904_18_08.jpg

ナビ:おもしろい?
170904_18_09.jpg

ギョンフィ:怒るなら怒ればいい。オレははっきりとお節介焼くって警告したから。
もちろん、お前の許しを得てない俺の独断だったけど、弁明なしにどっちみちお前のためのことだから!
170904_18_10.jpg

ナビ:ありがとう。
ありがたいことはありがたいから。

あんなに怯えてたのに、急にこの笑顔w わかりやすいw
170904_18_11.jpg

あいつ説得するの大変だったよ~とか、急にしゃべりまくるギョンフィでしたが、ナビが何かを見つけて固まる。
170904_18_12.jpg

お父さんでした。
170904_18_13.jpg

お父さんは、娘をひどい目に合わせたやつに親御さんが会いたいわけがないんだから、なぜ来るんだと、ナビをまくしたて、ナビは、わかってるけど、自分はそうするしかない、と。

そして、思わず手が出てしまうお父さん…

走り去ったナビを追いかけようとするお父さんに、「僕が行ってみます。」とギョンフィが走る。
170904_18_14.jpg

ケガした脚を見始めるギョンフィ。
170904_18_15.jpg

ギョンフィ:この薬、大部分の人が間違って使っているんだよ。周辺に塗るものなんだ。

170904_18_16.jpg
170904_18_17.jpg

ギョンフィ:お前のお父さんもそうだよ。よくわからなくて。慣れてなくて。

靴ひもまで結んであげてる!
170904_18_18.jpg

ナビ:オギョンフィ。やめて。ついてこないで。

それでも、ナビについていくギョンフィだった。
170904_18_19.jpg

関連記事

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

trackbackURL:http://seoulsoul.blog.fc2.com/tb.php/2575-910ea074