SEOUL★SOUL

今日もSHINee、明日もSHINee

「オッチョダ18」制作発表会

本日8/24、JTBCウェブドラマ「オッチョダ18」の制作発表会がありました!!!

170824_occhoda03.jpg

170824_occhoda01.jpg

170824_occhoda02.jpg

完全フルではないですけど、ほぼフル映像~




みなさんの18歳はどうでしたか?
み:ちょうど18歳の時にデビューしたんです。だからか、「オッチョダ18」という作品に出会った時、何か新しい経験になりそうだ、僕が高校2年の時にできなかった思い出を、このドラマを通じて埋めることができると思いました。その当時、本当に幼くて、何も知らなかった自分自身を振り返って見る契機になったと思います。

では、ミノさんとギョンフィのシンクロ率はどうですか?
み:タイムスリップで戻って来てみたら、とても似ているかもしれませんが、ぴったり半々のようです。僕と似ている点があってオギョンフィというキャラクターに惹かれたようです。監督と話をした時に、ギョンフィのたくさんの感情、成人はしているけれど、まだあまり成熟していない大人の印象を受けたので、このような点が似ていると思いました。

予告編のミノさんのカッコ悪い姿がかわいかったですが、本人にそんな黒歴史はありますか?またタイプスリップするなら、いつに行きたいですか?
み:自分が思うには、高校に入った時、学校で頭髪取り締まりというのがあるじゃないですか。僕が短く切ったことがあるんです。今も短いですが、今よりも短く、半坊主にした記憶がありますが、その時、僕が練習生だったので仁川からソウルに上京してくると、今も思い出すのが、髪が短くて地下鉄に乗れなかったんです。乗っても角に乗って角ばかり見ていたり。そんな高校の思い出が思い浮かびます。それから、タイムスリップで戻るなら、一番記憶が無い7歳ぐらいに戻りたいです。赤ん坊だった時のぼやけて残っている記憶ですが、両親からの愛をより感じてみたいし、その時に戻ればたくさんのことを記憶できるのではないかと。それから、デビュー時に戻ってみたいです。デビュー時に不足していたし、人見知りもあったし、生半可だった自分の姿を、もちろん、そういう姿があったので今の自分がいますが、そういう部分をもう少し補完できはしないかと思って、その時に戻りたいです。

自身の初恋は?いじめについて伝えたいメッセージは?
み:僕の初恋は片思いでした。それで、「オッチョダ18」で、ギョンフィがナビを好きな気持ちについて、その時の感情を移入することができました。それに、その時を思えば、なぜ勇気を出せなかったのだろう? 今思うと、その時に少しでも勇気を出せれば、結果が違ったのではないだろうかという気持ちがあるのですが、それが台本にそのままあって、初めて読んだ時に驚いた部分もありましたし、その感情を正直にしっかり表現しなければならないと思いました。
 劇中でいじめられる役ですが、やはり、社会的にイシューにもなって、たくさんの問題になっていますが、実はその部分についてたくさんのメッセージは込めていませんが、今この場で申し上げたいのは、そのような部分がたくさん改善されて、そんな子たちに良い救いの手になるならば、多くの学生たちに希望を与えることができるだろうと思いますし、さらにたくさんのことが起こらなければいいと思います。それに、たくさんのコたちが、このドラマを見ながら仲良く過ごしてほしいという思いもあります。そういうコたちに、「そうしたらダメだよ、君たち」と言いたいです。

他のタイムスリップものと違う点は?
み:僕が「オッチョダ18」で重点的に演技しようと思ったのは、戻ったら、取り戻すことができるのか。もし取り戻すことができたのなら、その取り戻したことについて、僕と言う人が責任を取ることができるのか、という部分をたくさん考えました。僕が比較するような部分ではないです。演技しながら監督とたくさん話し合いましたし、旅立った人の悲しみを考えて、その感情を思い浮かべながら、その悲しみを癒してあげなければ、その子がこれ以上傷つかないように手伝ってあげなければと、そういう感情を念頭に置いて演技をしました。それから、撮影中、実は、タイムスリップで戻ってからは心の中に痛みがありました。こうやって戻ったけれど、またこの人を自分の失敗で旅立たせてしまったらという仮定を思い浮かべたら、さらに悲しくなりました。それで、さらに責任感を持って、そのことを取り戻すことができるように努力する、自らの責任感が生じて、そんなことに重点を置いて撮影しました。

久しぶりにウェブドラマで戻ってきたイユビが2年前の撮影で負傷して傷ついて、この台本を見て、「癒された」と少し、涙ぐみながら話すと…
み:今回の現場は楽しかったですか?ヒーリングされたんですよね?
イユビ:そうですね。
み:良かったです。2年ぶりに復帰されると僕も聞いて…
イユビ:復帰と言う単語はちょっと…
み:カムバック!
イユビ:少しどこかへ行っていたけれど、新しく久しぶりにする、そんな感じです!
み:僕が感じたのは、そんなに長い時間には感じなくて、現場でもすごく楽しくて。僕に対してもとても気楽に接してくださって、うまく撮影できたようです。最初は慣れないじゃないですか。でも、最初から僕に気楽に接してくださって、むしろ僕が気楽に演技できて、たくさんの対話もしました。それで、よい結果物が出るのではないかと思います。そうでしょ?^^
イユビ:はい。ありがとうございます^^

観戦ポイントは?
み:「トキメキ」です。「トキメキ」という感情を、ドラマを見ながらたくさん共感していただけたらうれしいですし、監督やたくさんのスタッフたち、俳優たちが一生懸命努力して撮った作品なので、期待していただけたらうれしいです。ありがとうございます。

-----------

ミノがユビやんを気遣う姿が、とても良かったですTT

公式インスタ~




今日までに公開されたティーザーなどまとめて!

ティーザー1


ティーザー2


ティーザー3


本読みメイキング


ティーザー4


ティーザー5


来週の月曜日(8/28)からですね!
むっちゃ楽しみです!!!!
関連記事

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

trackbackURL:http://seoulsoul.blog.fc2.com/tb.php/2563-eafdab57