SEOUL★SOUL

今日もSHINee、明日もSHINee

DOCUMENTARY of TAEMIN

LINE LIVEにて、本日配信された、「DOCUMENTARY of TAEMIN」。

7/1-2に日本武道館で行われたテミンの人生初となるソロコンサートの舞台裏と、インタビューで構成されたドキュメンタリーでしたが、そこには、本当にリアルなテミンの姿と思いが映し出されていて、胸打たれました…

アーカイブ配信はずっとあるのかな? よくわかりませんが、何度でも見たくなる番組です。






うまくサイズ調整ができないので、見にくい方は、リンクからどうぞ。

本編ステージ終わってバックステージに戻ってきて、「吐くかと思った」というテミンの言葉で始まるこのドキュメンタリー、最初からすごかった。

ステージ上で吐きそうになるくらい全てを出し切ったステージ、その裏には何があるのか…


テミンさんのストイックさにただただ脱帽。

「満足していない演出はひとつもない。」というのは、妥協無しにコンサートの構成を決めたということ。

「でも自分自身はまだまだ足りないと思う。」というのは、あんなにすごいステージをやっておきながら、そこにとどまってはいないということ。

「公演に点数はつけられない、なぜなら自分の限界を決めたくないから。」

テミンの言葉は、ちゃんと行動が伴っているから、現実味があるし、胸を打つ。

「僕は負けない」

これまでSHINeeで積んで来た経験はあるし、ずっとひとりで長い時間のステージをやりたいという欲望を抱いてきて、それをできるように、着々とやるべきことをやってきたのだから、自信はある。
でも、それをやり遂げるには、並大抵じゃないプレッシャーがあるよね。長年の夢だけに。
それが「負けない」っていう言葉になっているんだと思う。


番組の構成も素敵でした。全てを出し尽くして帰ってきた楽屋には、オニュとジョンヒョンが待ってましたよねTT

テミンの言葉に全く字幕がつかなかったのは、彼の精一杯の日本語の表現そのものを伝えてくれてるんだと言うのが伝わって、このドキュメンタリーのリアルさがより増しました。

ありがとうございますTT
韓国のドキュメンタリーを撮るのと同時に撮っているのだと思うので、そちらにも期待します!

関連記事

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

trackbackURL:http://seoulsoul.blog.fc2.com/tb.php/2546-f988e67f