SEOUL★SOUL

今日もSHINee、明日もSHINee

番人 第29話

7/10放送の「番人」第29話です!!!

ユンスンノが捕まり、スジも自首しました。

ギョンス:お姉さま、警察署に入って行ったよ。今、調査受けてる真っ最中だと思うよ。

170710_paskun29_01.jpg


ボミ:自首することだけが残ったわね。
ギョンス:オレも一緒にしないと。
ボミ:あんたがなんで? 指名手配されてもいないし、合同捜査部でもあんたの顔知らないじゃない。
ギョンス:それでも… オレがしたことが無くなるわけじゃないじゃないか。

ギョンス:ボミや…

170710_paskun29_02.jpg

ギョンス:オレの事見てるか?

170710_paskun29_03.jpg

ボミ:うん。

ジリッ♥
170710_paskun29_04.jpg

ジリッ♥
170710_paskun29_05.jpg

ジリッ♥
170710_paskun29_06.jpg

ジリッ♥
170710_paskun29_07.jpg

ジリッ♥
170710_paskun29_08.jpg

ジリッ♥
170710_paskun29_09.jpg

ちょっとは周りの目を気にしつつw
170710_paskun29_10.jpg
170710_paskun29_11.jpg

ギョンス:もうこういうことも最後だよ。刑務所行って来たら、また会おう。
その時は、追われることも無いし、隠れることも無いだろ?
ボミ:そのはずだよ。
ギョンス:だから、どっちでも、先に出た方が待つんだよ。

170710_paskun29_12.jpg

黙ってうなづくボミ。
170710_paskun29_13.jpg

ギョンス:なんで答えないんだ? 先に出て、知らない振りするんじゃないのか?

170710_paskun29_14.jpg

ボミ:おバカさん。私が先に出ても、あんたを必ず待つよ。

170710_paskun29_15.jpg
170710_paskun29_16.jpg

くぅーーーーーーーーっ!!!!! お幸せに!!!!!!

ギョンスと合流して、自首しようとしていたのに、ユンシワンの学校のCCTVが映らないことに気付き…
170710_paskun29_17.jpg

ユンシワンと母親は、今、警察署に入って行ったのを確認。

170710_paskun29_18.jpg

ユンシワンがチーム長に取り調べを受けている中、ひとまず、ギョンスはアジトに帰って、CCTVを確認。やっぱり、つながらない。

170710_paskun29_19.jpg

ギョンス:誰かがわざとDVRコードを抜いたよ。それで、録画できないんだよ。
こんな時に、お姉さまはいらっしゃらなくて…どうしよう?

170710_paskun29_20.jpg

ギョンス:あっ!

170710_paskun29_21.jpg

ボスがいるじゃん! ボスは逮捕されてないから!
ボミ:ユナを見殺しにした人よ。オンニが望まないかもしれない。

170710_paskun29_22.jpg

ギョンス:でも… 今はそんなこと言ってる場合じゃないじゃん!

170710_paskun29_23.jpg

結局、ギョンスがチャンドハンに連絡。学校に行ってもらうことに。

170710_paskun29_24.jpg

その間に、セウォニは閉じ込められた倉庫の中で、爆弾を発見。パニック状態に…!

170710_paskun29_25.jpg

ドハンが学校の警備室で確認すると、やはり、コードが抜かれていた。

170710_paskun29_26.jpg

ギョンス:ほら、見ろ~ オレがそうじゃないかって言っただろ?

170710_paskun29_27.jpg

得意げに言うと、ボミににらまれた!w

170710_paskun29_28.jpg

ギョンスwww
170710_paskun29_29.jpg

ボミ:おかしなこと、他にもあって。最近、いつもユンシワンがひとりの時は、コンピュータ室にいたんだけど、必ず、CCTVの死角にあるコンピュータを使ってた。
ギョンス:でも、今は学校のサーバー室につながりません。
ドハン:わかった。オレが行ってみる。

170710_paskun29_30.jpg

セウォニが美術塾に来ないと連絡があり、チーム長はセウォニと連絡を試みるが、連絡取れず、携帯の位置探知もできない。

そうしていると、チーム長にメッセージが…。

「今から1時間を与える。その間にチョスジを連れてプアムドン1080番地に来い。そうでなければ、お前の娘は死ぬだろう。」
170710_paskun29_31.jpg

そして、取調室を映すモニターには、不敵に笑うユンシワンが。
170710_paskun29_32.jpg

ドハンはチーム長に電話するも、チーム長は、ドハンには何も言わなかった…
セウォニの身を案じて、言えなかったのだ。

コンピュータ室に入ったドハンと協力して、シワンが使っていたコンピュータを見つけたギョンス。

170710_paskun29_33.jpg

ギョンス:法務部刑事司法ポータルにユンスンノIDで入って、キムウソン事件から、イシニョクスパイ事件まで、僕たちに関連する捜査記録、すべて確認しています。
なんだ… ここの住所まで知ってますよ?
ドハン:明白に別の目的があるな。

ギョンス:あいつ、最近の検索記録の大部分は、私製爆弾の作り方ですよ!

高校生でも簡単に手に入る材料で、いくらでも人を殺せる爆弾が作れるという…
シワンが見ていた爆弾の動画は恐ろしかった><
170710_paskun29_34.jpg

ギョンス:ちょっと待ってください。ユンシワン、なにか、予約メッセージみたいなものを設定していますよ?

内容を確認すると、チーム長に送られたセウォニの写真とメッセージが予約されていた!
170710_paskun29_35.jpg
170710_paskun29_36.jpg

チーム長は、さらに誰かに言ったらセウォニが死ぬというメッセージを受け取り、シワンを問い詰めるも、すっかり、追い込まれてしまった!

シワン:来る時にセウォニが見えなかったですよ。そうでしょ?
今、こんなことしてる場合じゃないんじゃないですか?
チョスジも、自分の娘を救えなくて、後悔してるじゃないですか?
おばさんはそういう人じゃないといいんだけれど。

恐ろしい…

チーム長は、スジを連れて、警察を出て行き、一足違いで、ドハンが警察へやってきた…
シワンは、もう家に帰されるところだったが…


公式クリップです~





関連記事

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

trackbackURL:http://seoulsoul.blog.fc2.com/tb.php/2537-b7c0fd83