SEOUL★SOUL

今日もSHINee、明日もSHINee

「青い夜、ジョンヒョンです」終了。お疲れ様、ちょんD!

「青い夜」時間の4/2、つまり、昨晩の放送で、ついに、3年2か月続いた、
ジョンヒョンDJの「青い夜」が終わってしまいました………TT

3/8の放送の最後に、4/2での降板が伝えられ
それから、「毎日聞かないリスナーもいるから」と、
毎日、毎日、降板の話をしていて、胸がぎゅーってなりましたTT

そして、3/8の放送から始めたのはそれだけではなく、
「今日あなたに」のコーナーで、毎日、自分の曲を紹介し始めたんですよね!
最初の頃は、「恥ずかしくて」と言って、めったにしゃいにやジョンヒョンの曲をかけることはありませんでしたが、
少しずつ、自分の曲を流すことも増えて来ていて、最後の3週間は毎日!
しかも、曲にまつわるビハインドストーリーと共に流してくれるので、
とても貴重な時間となりましたよ。

最後の一週は、こんな感じでした。




しゃいにが北米ツアーを周っていたので、生放送に戻ってきたのは、残念ながら木曜日から。
でも、最後の最後のライブゲストが屋上月光ヌナたちとか、泣けるTT

屋上ヌナたちは、初期から長くご一緒していましたが、
アルバム制作に専念するということで、ゲストを降板したんですよね。
久しぶりに「青い夜」を訪れた屋上ヌナたちは、相変わらずおもしろかったwww
ちょんDとの息もぴったりで♥
なにより素敵だったのは、ちょんDを思って歌詞を書いた替え歌!
じょんくんのことをよく知ってるヌナたちだから歌える温かい曲でほろっと来ましたTT





いつもは木曜日だったナインぬなが金曜日にスライドして、
ナインぬなが最後のテーマに選んだのは、
「나 없이도 행복해야 해」(私無しでも幸せにならなければ)

唯一、「青い夜、ジョンヒョンです」の最初から最後まで続いたレギュラーゲストなだけに、
思い入れも強くてTT じょんくんも、ナインぬなもTT

いつも、すごくいいこと聞いてくれるんですよね、ナインぬな。
最後も、ヌナらしく、はっきり聞いてくれました!

ナイン:手なずけるということに対する責任が無ければならないじゃないですか。私たちを手なずけた張本人じゃないですか。責任として、どういうものがありますか?

ちょんD:ご一緒しながらずっと言ってきたことですが、「長くやります」、こんな話をたくさんしましたが、実は…(咳払い)…僕はずっとPDや制作陣と話をずっとしてきましたが、僕はただ…すみません、水をちょっと飲みます(笑) その… (ナ:今日が最後じゃないじゃないですか) はい、でもこんな気分でした、何か……… 清々しいという話をよくするじゃないですか、何かが終わる時は。でも、僕は清々しいという思いは全くしませんでした。ずっと憂鬱な気分でした。さみしくて。ずっとそんな気分だけしました。終わって見れば、少しは清々しいだろうと思いましたが、結局、決定もすべて自分がしたことですから。心は、はい…そうなんです。人というのは、そういうものみたいですね。僕はこう思ったんです。このプログラムをしながら、自分がとても上手になったと思ったんです。(ナ:はい、成長したと) 上手くなっていく過程の一つだったようです。いつもプルンバム家族に「始まりがあれば、終わりがあります。縁というのはいつもそういうものです」と言ってきましたが、それが自分のことになって… そうみたいです。へへへ。でも、それも僕が「人」になっていく過程のようです。

最初の方、咳払いしたり、水を飲んだりしながら、
泣きそうになるのを必死にこらえているのが、声からわかりましたよTT

いつもあったかかったナインぬな。
じょんくんってば、歌詞を書いては、ナインヌナの添削を受けてるようですよ!
今後も二人の縁は続くようです^^





土曜日は、なんと、3回目の生放送だった、「ミッドナイトスポイラー」!w
最初の生放送をやった時に、ちょんDが「生放送です!」と、割と数日前から騒いでて(笑)、
シンギジュ記者は、実は、リスナーに生放送じゃないことがばれないように、
ラジオの放送中は、息をひそめていたらしく、なんだったんだ!的に言ってたのを思い出しますw
その話をリスナーも送ってきて、「今も息をひそめてたんですか?」とw
「もうばれているからとっくにしてない」と言ってましたねw

最後のテーマは、これまで「ミッドナイトスポイラー」で取り上げた映画の中で、
ちょんDが好きな映画5本でした!

・LIFE!(ウォルターの想像は現実になる)
・イミテーションゲーム
・観相師-かんそうし-
・ゴーン・ガール
・ダークナイト

最初から、「今日はノッティングみたいのは出ないですㅎㅅㅎ」って言ってましたが、
じょんくん、ラブストーリー嫌いだよねwww
そして、ヒーローもの、大好きすぎwww

いつも、コンサートにも足を運んでくださって、
じょんくんが信頼してる存在ですよね。
ありがとうございました、シンギジュ記者!





そして迎えた最終日。
ボラであることは事前に伝えられていたけれど、
ガーデンスタジオでやることは、前日の放送の最後に伝えられました!

こちら、ボラです!


たくさんのプレゼントと手紙!
青い封筒プロジェクトで、手紙を送ったので、みんな封筒が青い!
私も、参加させていただきました!



じょんくん、家に持って帰って、ぜーんぶ読むってTT




「ちょんD少しの間席を空けます 
必ず戻ってくるので、少しお待ちください 010-0203-0402
一日の終わり
私たちの空間でまた会いましょう」

TT

じょんくんひとりで2時間大丈夫なの? リスナーからの感傷的なメッセージを読みながら、
ハラハラしていたら、コヨンベとコーヒー少年来た!




じょんくん、MBCの音楽を管理するシステムに「隠れてくるお客さん」という曲があるのを見て、
誰かが来ることは予想していたそうでwww
でも、誰が来るとも、いつ来るとも知らなかったので、びっくりした!と。

再び、そのゲストの音楽が鳴り、入ってきたのは、ユナぬな!!!
プルンバムの熱心なリスナーとして来たと。
お手紙まで書いてくれて、そして、ハンカチまで…
そのハンカチは、上げると別れを意味するから、貸すだけだ、洗って返して、とw 
ユナぬな、さすがだな、ちょんDが泣くのは、まるっとお見通しでw




ユナぬなを送り出して、曲が終わったら、
じょんくんが急に泣き始めて…
号泣すぎて、話すこともできずTT

制作陣もその辺まるっとお見通しでw
だから、コヨンベとコーヒー少年を呼んだんだよねw

二人に進行してもらいながら、
プルンバムゲストたちのコメントが流れ、
さらに、今日のために編集した、「青い夜」のダイジェスト音源も流れ…
初回の一番最初の一言が入ってたけど、声のトーンが高すぎて、びっくりしたw
先週の屋上ぬなの替え歌も入ってたね。
それに、3周年記念にナインヌナとやった放送でのちょんDの発言も。

ナ:ちょんDにとって「プルンバム」とは?
ちょ:人生のターニングポイントが2つありますが、1番目は高校を辞めて音楽学校へ入ったこと、2番目はラジオDJを始めたことです。僕にとっては、アルバム発売、もしくは、間接的経験を通して日常的な話をどうやって解き出すかについて、自分への問いに答えを出せるように手助けしてくれる場所のようです。

この部分、重要な発言でしたよね。
そこまで、ジョンヒョンの人生で重要なものが、今、終わろうとしている…TT

結局、じょんくん、30分近く、まるっと泣いてた^^;;
自分でも「泣くと何もできなくなる」と言ってたけど、昔から変わらないよね…



ようやく落ち着いたところで、2人を送り出し、またひとりに。

そしたら、もうひとり来ましたよ。ミノーーーー!!!



ミノ君は、熱心なリスナーだもんね。そして、義理深い…
どれだけ、じょんがこの番組を大切にしてきたか知っていたし、
少しでも支えになれればと駆けつけたんだろうなTT
しゃいにのメンバーとしてではなく、ひとりのこのラジオが大好きなリスナーとして、
そして、大好きなヒョンために…

だからか、ミノが「ジョンヒョンさん」ではなく、「ヒョン」って呼んでたんだよね…
放送では、割と「ジョンヒョンさん」って言うことが多いのに。

ミノが来てくれた時のジョンの表情がw かわいくてw
むっちゃうれしそうであり、ほっとしているようであり、ありがたくもあり、
でも、泣きすぎた顔を見られるのが恥ずかしくもあり…w

ありがとう、ミノ君TT

最後の最後にかけた曲は、じょんがDJ1000日の時に書いた曲『1000』でした。
ふさわしい曲だったよねTT また号泣TT

でも、最後は、途中泣きすぎたのもあるけど爆、笑顔で終わってくれてよかったよ!





数えるほどしかリアルタイムでは聞けなかったけれど、
タシトゥッキで結局、ちょんDがやった放送は全部聞きました!
ぼんやり聞き流してた時も多いけれど!w

「青い夜」をやるようになって、いつでも本人の口から、本人のことが聞けるのがとてもありがたくてTT
それまで、割と誤解されやすいじょんくんだったけれど、
直接話せる場があったから、私は本人の言葉だけを信じることができたし、
じょんもうれしかったんじゃないかな。
たくさんの人々と触れ合うことで、じょんくん自身が成長していくのも見てとれたし!

いろんな思いがありすぎて、書ききれないけれど、
今は、とにかく、ありがとう、お疲れ様と言いたいです。
本人がやりたいタイミングで、また戻ってこれるように、
私たちも支えながら、待っていけたらな~と思います。
関連記事

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

trackbackURL:http://seoulsoul.blog.fc2.com/tb.php/2460-710ec392