SEOUL★SOUL

今日もSHINee、明日もSHINee

「君の名は。」新海誠監督再来韓

「君の名は。」新海誠監督が一緒に仕事したい韓国アイドルとは?“すごく素敵な青年”

「君の名は。」の新海誠監督が、SHINeeのジョンヒョンと一緒に映画作業をしてみたいと話した。

新海誠監督は10日の午前、ソウル江南(カンナム) 区にあるインペリアルパレスホテルにて行われた日本アニメーション「君の名は。」の観客動員数300万人突破公約のアンコール記者懇談会に出席した。

新海誠監督は「この前、僕が韓国に来た時、ジョンヒョンに会ったが、すごく素敵な青年がいるなと思った」とジョンヒョンに対して愛情を示した。

続いて彼は「いつか彼らが音楽を担当し、僕が映画制作を担当したら楽しいだろうと妄想したりもした。SHINeeはもうほとんど夢のような話だ」と微笑んだ。

また彼は韓国人のスタッフに対して「韓国人のスタッフはアニメーションの現場においてなくてはならない存在だ。メインスタッフにも韓国人の方がいる」と話した。

【出処】MYDAILY

-----------



韓国人と作品を作りたいという考えは無いか?と言う質問に対しての回答ですが、
新海誠作品×SHINee!!!!ぜひ!ぜひ!!お願いしたい!! と興奮しました!

が、RADWIMPSとの共同作業は、相当時間をかけて作り上げたようで、
夢のような話ですけど、ジョンヒョンさんはお話があったら、「やりたい!」って言いそうな気がする!

日記に書いておこうと思って、書けてなかったですけど、
1/9の「青い夜」への新海監督の出演、とても興味深かったですよ!

映像音楽に関しては、この間のInspirationのコンサートでやってみて、
すごく大変だったと言ってたけど、かなり、興味のある分野だと思うーーー!!

Podcastは、こちらからどうぞ♪

日本語と韓国語で通訳していますので、いつもと違うプルンバムが楽しめます^^
いつもいつも、ジョンヒョンさんが、ゲストへの質問をこんな風にやってるんだってわかりますよね。

ジョンヒョンさんが、日本語がわかるから、
ついつい、通訳すっ飛ばして答えたりしてるのとか、おもしろいですw

一人称で「わたし」「わたくし」「ぼく」「おれ」って言い直すところがおもしろかったっていうのは、
韓国と日本の文化、両方を知っている人ならではの感想ですよね。

三葉、四葉と、姉妹で数字の並びの名前になっているというのに気付いたのは、
さすが、日本語理解してるな~と思いました。

そして、すごく重要な部分、ちょんが韓国語で話して、
日本語に訳されなかった部分があったんですよね。

監督から、これまでと作風が変わったのは、
日本は東日本大震災を経験して、これまで人々が映画に求めていたものが変わったからだと説明していましたが、
それを聞いたジョンヒョンさんの言葉…

「そんな気持ちがセリフでも現されていたことを頭の中を過りました。
男性主人公が面接で言ったことのひとつで、
『東京もいつなくなるかわからない』というセリフがありましたが、
そういうことも自然災害への不安や自分の家族への心配、
そういったものが表現されたセリフだと思いました。
社会的に起きたこともアニメーションに反映されたとみることができますね。」

そのセリフに、ちゃんと震災のことを思い浮かべていたジョンヒョンさんは、
私たちと同じように、あの日を胸に刻んでいるんだなと。
ぐっと来ましたよねTT

しゃいにはあの年、日本デビューを本当はもっと早く予定していたのに、
地震のために、延期になり、それでも6/22って、思ったよりも早く来てくれたと感動しました。
あの年のことが、たくさん頭をよぎりましたよ…

あああ、振り返るといつもしゃいにがいてくれたな、と。

しんみり...



ということで、新海監督の次の作品、まだまだ先だろうから、
本気でしゃいにコラボを考えてもらって、期待して待ってます!!
















新海監督にまで「カウボーイビバップ」の話するじょんくんwwwwwwwww

【2/16追記】
2/15プルンバムで、リスナーから「新海誠監督がちょんDに映画音楽を任せる想像したとおっしゃっていましたが、機会があれば、映画音楽もやりますよね?」 というメッセージが読まれました。

ちょんD:機会があれば、ではなく、僕が準備ができればやります。「機会があれば」と「準備ができれば」は本当に違う言葉です。このインタビューを、「お前、あんなに好きだって言ってたけど、この方、こうやってインタビューされてたよ」と友人がリンクをつけて教えてくれて、最初から最後まで読みました。良い機会があって、僕が準備ができたら、縁があるでしょうw


いや、そもそも、「ちょんDに映画音楽を任せたい」とは言ってないしw
「SHINeeが音楽を担当する想像」と言ってたので、音楽全般の制作から~
みたいなところまでは、言及してなかったよねw

でも、もし、関わることがあるなら、単に既存の音楽を映画主題歌にするのではなく、
「映画のための音楽を、映像と一緒に作っていく」という作業を、じょんひょんさん自身が担当したいだろうね!
だから、「準備ができれば」と言っていて。
映像音楽の経験も積んで、ぜひ、次回作で実現したらうれしい!!!
関連記事

2 Comments

みちる★ says..."Re: タイトルなし"
ひさん~~

ほんと、日本デビューの時は、いろいろ心配しましたよねTT
でも、日本へ来るKポドルが減る中、来てくれてありがとうと感謝しましたTT
そして、今の彼らを見ていると、ファンになってよかったと思うし、
好きな気持ちがこれほどまでに持続させてくれるって、もうリスペクトしかないですTT
2017.02.18 16:13 | URL | #nmxoCd6A [edit]
ひ says...""
日本デビュー、どうなるのやらと心配しましたが、無事できてホッとしたのを覚えています。

ただその影響もあったのか、sherlockのカムバまでがかなり空いてしまったり、カムバの時の置かれている環境等々、嬉しさより申し訳なさの方が先にたっていました。

でも5年経ち、見事なバランスでお仕事してる5人を見ると、感謝するとともに心からファンになってよかったなーと思います(^^)
2017.02.17 22:52 | URL | #- [edit]

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

trackbackURL:http://seoulsoul.blog.fc2.com/tb.php/2436-90559429