SEOUL★SOUL

今日もSHINee、明日もSHINee

花郎 12話

1/24放送の「花郎」第12話です\(^o^)/

もぐスホー!!!!(;∀;)



ご飯の話題は、「花郎の中の王は誰か」

ハンソンは、花郎のほとんどが一緒に王京内で育ってきたのを見て来たけれど、
ソヌとジディだけそうじゃないから、その二人のうちのどちらかだと。
170124_hwarang02.jpg

かわいい(;∀;)
170124_hwarang03.jpg

ソヌが王の印が入っている腕輪をしているのを見たという花郎から、
「王はソヌラン」という噂が一気に広まりました。

部屋でもひと悶着…
170124_hwarang04.jpg

パルリュ:本当にお前が王なのか? 違うなら違うと言えばいいじゃないか。オレはお前のような奴が王だとは信じない。
スホ:やめろ。
170124_hwarang05.jpg
170124_hwarang06.jpg

パルリュは、なんでそんなにソヌにつっかかるのかな…

休暇が近かったこともあり、騒ぎを起こしたら、休暇もらえなくなると、
ひとまずは収めて、無事休暇へ。

ヨウル:オクタガク、どうだ?
170124_hwarang07.jpg

パルリュにはあっさり振られ、スホからも振られたヨウルwww
170124_hwarang08.jpg

パルリュは、家に戻り、義父のヨンシル公から、「お前を王にしたいのだ」と言われ、
複雑な思いで、外に出るが、そこで待っていたスヨンにそっけない態度で通り過ぎる。

ショックで立ち尽くすスヨンのところを通りかかったスホ。
170124_hwarang09.jpg

泣いている妹スヨンと、遠くにはパルリュ…
170124_hwarang10.jpg
170124_hwarang11.jpg

スホ:パルリューーーーー!!!
170124_hwarang12.jpg

再びwwwwwwwwww

今にもパルリュに飛びかかっていきそうな兄を、必死に止めるスヨンでした。恋心💔
170124_hwarang13.jpg
170124_hwarang14.jpg

家に行くと、実は、太后陛下が家を訪れていて、「私は特別にあなたの息子にお願いがあるんです。」と。

それを父親から聞いたスホ。
170124_hwarang15.jpg

父:太后陛下にお会いする時は、首をあげたり、目を合わせてはいけないぞ。
あまりに近くの寄ってもいけなくて、
どんな言葉をかけられても、「はい。そのようにいたします」
こんな風にだけ言え。わかったか?
スホ:はい。
170124_hwarang16.jpg

父:お前のひとり送るのが、なんでこんなに不安なのかわからないな。

そんな風に言われても、高鳴る胸の鼓動~💕
170124_hwarang17.jpg

太后陛下に会うために、庭へ呼ばれたスホ
170124_hwarang18.jpg

太后陛下を見つけ、にっこり。
170124_hwarang19.jpg

が、足元に棘の花を見つけ、一気に曇る表情
170124_hwarang20.jpg

あんなに父親に注意を受けていたのに、太后陛下の元へ駆け出し…
170124_hwarang21.jpg

棘の花があるので、裸足で歩いてはいけないと止めるスホ
170124_hwarang22.jpg
170124_hwarang23.jpg

忠告を無視して、そのまま裸足で歩こうとすると、早速、棘が足の裏に刺さり
170124_hwarang24.jpg

!!!!
170124_hwarang25.jpg
170124_hwarang26.jpg
170124_hwarang27.jpg
170124_hwarang28.jpg
170124_hwarang29.jpg
170124_hwarang30.jpg

お姫様抱っこ😱😱😱

太后陛下もまんざらでもなかったですねw

ケガの手当まで😱
170124_hwarang31.jpg

スホ:あちらは散歩なさらないでください。
170124_hwarang32.jpg

心配そうな表情だ…

そして、ようやく目線をそらし、「どんな罰も受けます」と。
170124_hwarang33.jpg
170124_hwarang34.jpg

それに対し、太后陛下は、「ソヌランを知っているか?」
170124_hwarang35.jpg

太后陛下のスホへのお願いごととは…??

ついに、対錬の日がやってきました。

太后陛下に、スンミョン姫、風月主、ヨンシル公などが見守る中、
最初の対錬の組み合わせは、スホ×パルリュ!!!
170124_hwarang36.jpg

さすが剣の名手と言われたスホラン!かっこいい!!
170124_hwarang37.jpg

あっという間に、スホの剣がパルリュのわき腹をかすめる…
170124_hwarang38.jpg
170124_hwarang39.jpg
170124_hwarang40.jpg

スンミョン姫は、「みすぼらしい」と、ふたりの戦いを止める。

170124_hwarang41.jpg

そこですかさず、ヨンシル公がある提案をする。

ヨンシル公:護衛武士と対錬させたらどうだろうか。
スンミョン姫:いいでしょう
ヨンシル公:花郎を代表する花郎を私が指名してもよろしいでしょうか?
スンミョン姫:そうしてください。

ヨンシル公が指名したのは、ソヌラン!!!
170124_hwarang42.jpg

まだケガが完全に回復していないソヌランに代わって、
自分がとスホが申し出ますが…
170124_hwarang43.jpg

ソヌは、あっさり断ってしまいますね。

そして、ふたりの戦いを固唾をのんで見守るスホたち…
170124_hwarang44.jpg

本調子でないソヌは、あっさりと攻撃を受け、
とどめを刺されそうになると、太后陛下が「止まれ!」と。

戦いは終わったかのように思ったが、ソヌは終わってないとばかりに立ち上がり、戦いは再開。

そして、ソヌが相手のマゲを刀で切り落とす!!!

やったーーー!!!
170124_hwarang45.jpg
170124_hwarang46.jpg

笑顔がかわいい💕

最後、ジディが王だと気づいたソヌでしたが、次回どうなる?

関連記事

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

trackbackURL:http://seoulsoul.blog.fc2.com/tb.php/2432-49afc871