SEOUL★SOUL

今日もSHINee、明日もSHINee

言う通りに

10/5、JTBC「言う通りに」にきーちゃん出演。

毎回、3人の出演者が、道端で話をして、
その話を聞いた市民が「良かった」と思えば、
1000ウォン寄付するという流れです。

きーちゃんは、7ヶ国語を操るチョスンヨン作家、
40代の新人俳優ホソンテさんと一緒の登場。

最初のバスカー・チョスンヨンさんの話がとてもよくて、
プレッシャーを感じていたきぼみですが、なんのなんの、
話の流れも上手だったし、何より、きーちゃんがこれまでずっと言ってきたことを、
こうやって、たくさんの人の前で、放送で話せたことに感銘TT
そして、最後のバスカー・ホソンテさんがうるうるしながら話すもんだから、
案の定、もらい泣きまでwww

おいしい番組でした^q^


샤이니 키, 나는 백조가 아닌 닭! 순탄치 않았던 연예인의 길 말하는대로 4회


백조가 되고 싶었던 만년 5등 키의 깨달음 "나는 닭이었다" 말하는대로 4회


노력형 '닭' 키가 스타일링한 샤이니 콘서트 의상! (PPT만 35장) 말하는대로 4회



あるインタビューで記者がシャイニーを「白鳥のようだ」と言ったんです。
とても美しい湖で、先天的に持って生まれたもので、優雅に泳いでいる鳥のようだと。
先天的ということを、家に帰って考えてみました。
歌、持って生まれたという話を聞いたことがあるか? いいえ。
ダンスは? いいえ。
顔は? もっと無いようで。
背は? それも無い。
話は? それも無い。
どうして、芸能人になったのかもとても不思議です、僕。本当に。
それなら、白鳥と比べたから、他の鳥の中で僕はどんな鳥だろうか?
そう考えていた中で、本当に他に意味は何も無くて、
僕はこの鳥を好きでも嫌いでもないです。
鶏のようだという思い浮かんだんです、自ら。
僕が、この仕事をどのように始めたか、という話から始めます。

小さい頃から、この仕事をとてもやりたくて、
遅くなる前に、両親を説得しなければならないと考えたんです。
それで、15歳になる前に両親に話しました。
反対はしましたが、結局許可してくださったんです。
その当時だけでも、電話オーディション、手紙オーディション、
メールオーディション、それから直接行って受けるもの。
電話オーディションは、電話で歌を歌うのですが、
うまければ「後でオーディション受けに来て」と連絡が来ます。
連絡来なかったです…w
メールオーディションも返事が無かったです。
手紙オーディションはもちろんで、
うちのお母さんの手を引いて、ソウルオーディションにも行きましたが、落ちました。
そして、その後にあった全国ツアーオーディションを受けましたが、
そのオーディションに受かりました。15歳で。
それは、今になって聞きましたが、競争率は8000:1だったそうですよ。
でも、なぜ受かったのかは、今までミステリーです。
正確な理由を聞いたことがありません。
そして、15歳で練習生で入って、18歳でデビューしました。
3年で夢が叶ったんです。先輩たちに憧れていたら。
その時までは、自分が白鳥だと思ってました。

でも、デビューして即、現実にぶつかりました。
なぜなら、みなさん、成績表、この単語が嫌いですよね?
むごいじゃないですかw
その当時、芸能人に成績表があったんです。
どういうのかというと、「芸能人検索順位」
僕は万年5位でした。いつも。5人中でですよ。
僕はそこで、すごく懐疑感を感じたんです。
ただもっと一生懸命やっても、フィードバックがなくて、反応が無くて、
結果も良く無かったので、ただ、機械のように過ごしました、その頃は。
そうしている間も、周りのメンバーがとても羨ましくて、
他の白鳥たちを追いかけなければならなくて、白鳥たちがやることを、ひたすら真似してやりました。
ひたすら真似していて、時間が経ってみたら、
とてもきれいな川で、優雅な白鳥の間で泳いでいる、鶏の僕を見つけたんです。
そこでは、僕自らがあまりに競争力が無いんです。
それをその時、初めて認めたんです。
2年という時間をただ送った後、
鶏という僕としても、価値を証明したかったんです、たくさんの人々に。

それから、知っている人は知っていると思いますが、
僕が服がすごく好きなんです。
小さい頃から関心があって、まずは、服を買い漁り始めました。
周りの人は狂ったと言いましたが、僕にとっては価値があることだとあまりに確信があったので、
服を買って、奇妙なスタイリングをして歩いたんです。
一番専門業界で認められて、噂になった後、
うちの会社にその話が流れて行けば、
僕の言葉を信じてくれるだろうという確信がありました。
案の定、それが良い噂になって、僕個人の仕事が入り始めたんです。
雑誌の仕事、ローンチング行事…
そうやって、大衆に認められ始めて、
僕が一番最初に解かなければならない宿題が、
「これをどうやれば、鶏らしく仕事ができるか」

僕が舞台衣装をやりたいという話を会社にしたんです。
僕らシャイニーコンサートの衣装をやりたいと。
最初、会社で「わかった」と言ったんです。
そして、社長ミーティングの機会を得ました。
僕が鶏らしくやるなら、一体、何を準備しなければならないか。
芸能人としてそのままミーティングに行って、
身の丈に合わないようなことになりたくなかったので、
PPTを書いて行きました!www

こういう、基本的な衣装の目的とコンセプトとアイデンティティや、
製作費、時間、演出等などを書いて、社長に提案しました。
この中でひとつでもだめだと言われれば、
なんとかして社長を説得しようと僕が様々な理由を準備していきましたが、
本当にありがたいことに、すべてOKしてくださいました。
後で、社長が喜んでくださって、僕にさらに2回やらせてくれました。
一番、鶏らしくうまくできたケースだと考えています。

そして、もう一つ紹介したいケースは、「ホンスル男女」の話をします。
オファーが来て、台本が来た時、今僕が演技している「キボミ」というキャラクターの姿が、
あまりにも明瞭に想像できたんです。1行読んだすぐ。
方言を使って、前髪をこうやって一直線に切って、
ジャージにスリッパを履いている、地方出身金スプーンのキャラクターが、
僕の頭の中にさっと通り過ぎたんです。
でも、台本は標準語だったので、ただ僕なりにそうやって考えたのですが、
ミーティングしに行った時に、僕がバージョンを2つ準備して行ったんです。
標準語バージョンと、方言バージョン。
僕がそれを方言ですごく演技したかったので、
本当に作家様には申し訳ないんですけど、
標準語の演技はわざとうまくやらなかったんです。
そうやって、方言演技を始めて、翻訳をしたんです。
それで、作家様もとても気に入ってくださって、
何かキャラクターに生命力が注がれたようだという感じがあって、
「君が望むことをやらせてあげるけど、
標準語で台本はずっと出るから、君が翻訳をして」
ですから、今も翻訳しなければならないんです。
それが、鶏らしい点だと思っています。僕らしいことです。

僕がこの話をする理由が何かというと、
それぞれの職業に白鳥と鶏がいます。
僕が一番悲しいと思うことは、
鶏が白鳥を追いかけていたら、白鳥になれなくて死ぬのではなくて、
鶏が鶏らしく生きられなくて死ぬことが、とても悲しいことだと思います。

僕は一日でも、僕らしく心を込めて仕事をしたくて、
それで競争力は十分だと考えていて、今も仕事をたくさんしていると考えています。
僕よりもイケメンのコたちはものすごく多くて、
僕よりも背が高いコたちは、ものすごく多いです。
僕よりも歌がうまいコたち、ダンスがうまいコたちも、ものすごく多いです。
特に後輩たち。
でも、僕が僕らしく生きるのは、僕なりに競争力だと思っています。
それで、鶏グラウンドを僕なりに作り出したと思っています。

僕がこうやって生きているからと言って、
皆さんに「こうやって生きてください」というのはとんでもないことだし、
ただ、僕の話をお聞かせしたくて。
皆さんが、日常生活を生きていて疲れた時、
僕がこうやって皆さんに良い姿をお見せしようと一生懸命生きていて、
それから、片隅でこんな考えを持っている芸能人がいるんだな~と思ってくださるだけでも、
僕はすごく感謝します。

僕はこれからもこうやって、鶏らしく、僕の芸能人生活を続けていきます。
みなさんがたくさんの手助けをくだされば、僕が一生懸命やれそうです。
ありがとうございました。

僕ができなかった話があったかな?(とカンペをめくるw)
あ!この話したい!

僕のまゆげのここ見えますよね?
これ、わざとしてるんじゃないです。
これ、傷なんです。
僕が小さい頃はこれを埋めてたんです。
でも、どうやっても、本当のまゆげのようには見えなかったんです。
ところが、僕が鶏グラウンドで鶏らしく生きようと心を変えた後、
これを埋めないようにし始めたんです。
こうやって、隙間があっても悪くないですよね?
必ずすべてを埋めなくても大丈夫なようです。
必ずすべてのことを整えなくても、
自らが黙々とこの場を守っていれば、大丈夫なようです。
これが、僕の人生の地図で、僕の人生のシグニチャーです。
ただ、そうやって考えれば気楽です。

僕の話は終わったようで、みなさんから質問を受けます。

「価値がある仕事をとても重要視されているようですが、
個人的に、価値があることを探していますか?」

僕が今、たくさん仕事をしている理由は、
本当に一生懸命やってみたら、僕らしい仕事がたくさん入ってきて、
寝なくてもいいと思いがして、仕事が入ってきた時は全てやっています。
とても楽しいんです。
それから、僕の職業の本質は、人々を楽しませて、癒してあげて、
悲しい時は慰める職業なので、人々がそれで慰められたのなら、
それが僕のためになることなんです。
僕はものすごく幸せを感じます、そんな時。
鶏らしく生きている時に、一番良いことがあるじゃないですか。
結果が必ずしも良くなくても、やましくないです。
僕らしいことをたくさん作っているのだから。
僕が自慢しているように聞こえるかもしれませんが、
これは絶対に自慢ではありません。
これからも、僕を使って、みなさんに良いコンテンツをたくさんお見せする予定です。
それが、僕のためになります。
はい、ありがとうございました。


話終わった後、後ろで、
「体感で10キロやせたぐらい、気持ちが軽くなりました。
僕がこの話を以前から、たくさんの方々にすごくしたかったんです」と。

良かったね、良かったよ、きーちゃんTT

こちらは、ホソンテさんの話を聞きながら泣いちゃう、純粋きーちゃんTT

이'기적'인 남자 허성태, 뺨을 맞고도 행복할 수 있다는 기적 말하는대로 4회


きぼみの話を聞いて、ヌナどぅるが募金に列を成していたけれど、
きぼみの話で集まった募金は91000ウォン。3人合わせて118000ウォン。
今回、第4回ですが、1-3回合わせた募金は116000ウォンだったらしくwww
ヌナどぅる、ATM発揮しすぎw

さらに、きーちゃんの回が最高視聴率だったらしく、
影響力を誇示しましたね!
今回の放送は、きーちゃんの、また新たな種になったはずだよ^^

関連記事

2 Comments

みちる★ says..."Re: タイトルなし"
かますさん~~

おかげで、音楽番組以外のしゃいに活動が見れてませんが、
これはがんばらねば!!!と思わせてくれる番組でした!

かますさん、大変な事情をお持ちだったんですね…TT
私なぞが言える言葉は何もないんですけど、
幸せを感じられることがあって、良かったです。
つたない訳ですが、彼らの言葉が伝えられるように、がんばりますね^^
2016.10.14 21:00 | URL | #nmxoCd6A [edit]
かます says...""
素敵な記事ありがとうございます。この時期、見るべきものもたくさんあって時間が足りないでしょうに、こんなにわかりやすく端的に記事書いて下さって嬉しい♫
きーちゃん、話が上手いとかより、デビューして今までをずっと見て感じて来た私達にはとてもよくわかる、彼がして来た事を裏付けるような説得力ある話でしたね。きーちゃんに慰められ 幸せを貰ってる私のような人がたくさん居るのを彼にお知らせしたいです!
私は実は進行性の難病持ちですがきーちゃんとシャイニーに出会えて幸せを約束されましたよ。
みちるさんもこんな忙しい時に素敵な記事本当にありがとうございました😊
2016.10.14 19:08 | URL | #- [edit]

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

trackbackURL:http://seoulsoul.blog.fc2.com/tb.php/2343-56814ae2