SEOUL★SOUL

今日もSHINee、明日もSHINee

青い夜作詞、その男作曲<My Friend>

今シーズンの「青い夜作詞、その男作曲」の最後の曲が7/14に公開されました!

題名は『My Friend』。
ちょんが英語でタイトルつけるとか、珍しいですねーーー!!!

MyFriend.jpg


ちょんD:
「今日あなたに」、今日僕が持ってきた曲は、
「青い夜作詞、その男作曲」最後の、シーズン曲になりそうです。
あ、「最後のシーズン曲」と言ってしまったら、もうこれからやらなそうな言葉でした(笑)
そうなるかもしれませんよ?w どうなるかはわからなくて?w

いずれにしても、今回のシーズンの最後の曲です。『My Friend』というタイトルです。
タイトルからも感じられるように、友情に対する話を含んでいて、
なんていうか、曲を書きながら街灯?それに漢江にある風情?そんなものを
たくさん考えるようになったようです。

この曲はHeritageの方々と一緒に作業をして、それから、
シンヨンジンという方と一緒に作業をしました。
この曲自体が、なんというか、アカペラとかそんなものをもっと入れたかったのですが、
僕の声だけで表現するには、困難な部分があって、少し惜しい部分がありました。
後で、何か別に準備をするなら、もう少し手を入れて違った感じに作ってみたい考えがあります。
それでも、まずは、約束は約束ですから、今日曲をお聞かせしなければなりませんね。
僕の歌です。『My Friend』。ジョンヒョンの歌をお聞きください。

--曲鑑賞--

この歌は、Heritageの方々の声は入っていません。僕がやりましたが、
後で別途発売する時には、Heritageの方々にお願いしようかと今考えています。

リスナー:Heritageの方々との作業だなんて、すごく良いです!
ちょ:僕もすごく感謝しています。良い縁がありましたが、あの時一緒に作業した歌が基盤になった歌です。

リスナー:これ友達の話ですよね? 男友達と女友達がサムに乗っている(恋人に発展しそうな関係)じゃないですよね?
ちょ:そうですか。そう感じる人たちがたくさんいるみたいです。
「おそらく恋人や愛でであったなら僕らはすでに別れてたかもしれないよね」
そんな歌詞がありますが、友達という存在がどれだけ…
それに友達という分類がどれだけ多様かということをお互いに感じている人々の話です(笑)

リスナー:サムじゃなくて、男友達、女友達に似合う曲のようですね^^
ちょ:そうです。以前、『2:34』を公開した時に、男友達と何かを交流する内容で、
この曲は、女友達と深い友情を温めている時に聴くと良い曲だと思います。
それを理解できない人も多いようです。
異性とは友達にはなれないという基準を持っている方々がいらっしゃいますが、
僕はそうではありません。
僕は女性と友達になれるので、この曲を書きました。
歌詞を書きながら、それをすごく考えながら。

--------------

Heritageと「あの時」一緒に作業したとは、「月刊ライブコネクション」でしょうね。
その時に、『한마디』も一緒に作業したと思われ。
隠し玉、まだまだありそうですw

「小品集」に入る時は、かなり違うアレンジになってそうな一曲!
次の「小品集」も楽しみだ^^

関連記事

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

trackbackURL:http://seoulsoul.blog.fc2.com/tb.php/2286-f2dbc4d9