SEOUL★SOUL

今日もSHINee、明日もSHINee

TAEMIN SHOWCASE LIVE

今頃ですが…
テミンカムバックの幕開けとなった、2/22「TAEMIN SHOWCASE LIVE」の記録^^;;

MCはミノひょん\(^o^)/


ミノはプレス向けのも、ファン向けのも、両方MCで出ましたー。
と言っても、夜は、オニュとジョンヒョンも登場し、
ミノのMC感はだいぶ薄らいでましたがw

いつもいつも、ヌナどぅるが美しい写真を撮ってくださいますが、
被写体が最高に美しいがために、プレスの皆様の写真も芸術的でしたTT


160222_showcase02.jpg

160222_showcase03.jpg

160222_showcase04.jpg

160222_showcase05.jpg

160222_showcase06.jpg

160222_showcase07.jpg

160222_showcase08.jpg

でも、ひとたび、ステージを終えると、こんな愛くるしい…pq
160222_showcase09.jpg

ファン向けのショーケースは、V appで生中継されました^^
タシポギバージョンはこちら→ TAEMIN SHOWCASE LIVE

ちょっと編集されてますね^^;;;

『Drip Drop』+『Guess Who』
ハイライトメドレー①映像
『Soldier』
テミンによるアルバム曲紹介
ミノ、オニュ、ジョンヒョンが登場し、トークコーナー
『Press Your Number』

という進行でした^^


て「どうでしたか? …(怖い顔)声が小さいですよ、みなさん。どーでしたかーーー!?」
これ、日本のコンサートでも毎回やってるけど、最近好きなパターンなのかなw
そして、大きな声を聞いた後の反応がキモくてよろしいw

アルバム紹介コーナー\(^o^)/

『ポルソ』
て「この曲、誰が書~~いた?」
会場「ジョンヒョン!!!」
て「シャイニージョンヒョンさんが参加した曲はこの曲です。
本当に、感性をすごく感じませんか?
この曲に関してちらっとエピソードをお話すると、
ジョンヒョンさんが、最初に『テミナ!お前に書いてあげるよ』と言って、
会社にいる他の作曲に参加する方々と一緒に作曲に入ったんです。
曲ができて、僕にあげる直前に、『これ、どう考えても俺がやらないとだめみたいだ』
冗談で、そう言ったんですよ。
それで僕が、『絶対にだめだ。この曲は僕のだ!』と奪い取った曲です。

この曲は、ジョンヒョンさんの他に、テディー・ライリーという世界的な作曲家と、
あれこれ、そんな人たちが参加しましたが、(←あれこれって!www)
歌詞の内容は、ご存知の通り、別れた恋人に対して言う言葉、僕はもう君を忘れたと。
でも忘れたというその言葉の奥の意味は、忘れたんじゃないんですよね。
それで、それを哀切に表現した曲で、個人的にも僕がとても好きな曲です。」

『One by one』
て「エレクトリックギターの音が本当に魅力的な曲だと思います。
この曲を最初に聴いた時、最初の部分だけ聴いて、『あ!僕のだ!』
そう言えた曲です。
808ベースが作り出す音が…あまりに難しい話を僕がするようで(笑)、
とにかくこの『クン!』という音がすごく心にぶつかって、すごく良い音だと思って、
それにその間にテミニ(←自分でテミニ呼ばわりw)のボーカルが乗せられて、
神秘的に変わったかと思います。

歌詞の内容は、愛するシャイニーワールドを表現した曲です。
どうですか? みなさんの曲です。
one by one、ひとつずつ分かり合っていこう、そんな内容の歌詞です。」

『オヌルカジマン』
て「この曲、とても哀切でしょう。それに、これまでのシャイニーを含めた中でも、
本当に成熟した歌詞だと思っています。
「女のために泣く奴は情けない」「オレは毎日酒だけ飲んでるよ」とか、
本当に僕には似合わない歌詞のようにも見えますが、
一度試してみようと、成熟した曲にトライしてみました。
G.Soulさんが作曲に参加した曲です。
アコースティックなピアノとギターの音がすごく似合っていて、
その感性がメロディーと一緒になることで似合っている曲だと思っています。
今回のアルバムは全体的に悲しい曲が多いのですが、
みなさん、聴いてもっと憂鬱にならないでください。」

『Mystery Lover』
て「コーラスが魅力的な曲なんですが、残念ですね、ここまでです。
このアルバムで一番コンセプティブな曲だと思っています。
一番マイナーな曲で、オルゴールの音がメインでポイントになっている曲です。
別れた恋人を、『Mystery Lover』に例えて表現しましたが、
実は、僕はこの曲を選んだ時、コンセプトまで全部考えました。
これは後で、ステージでこうやったりああやったりしなければとか、
コンセプトを全部考えて、選んだ曲で、
なにより、コーラスがとても不思議な曲で、神秘的な感じですが、
怖い感じも少しあるかもしれませんが、
いずれにしても、僕がとても愛着を持っている曲です。」

「次の曲お聞かせします(δvδ)」って、手をぱーって回すしぐさが、
かわいくて、かわいくてな…

て「ぼくが808とか、フィーチャー、R&Bとか、変な言葉を言うから、
衣装もこうで、先生みたいで、変な気分ですね(δvδ)
…うーん… 寂しい…」

なかなか出てこなかったヒョンたちw
オニュ、ちょん、ミノが、ようやく登場w

本当は、「先生になった気分です」って言ったら、即、「せんせー!」って言って、
入ってくる手はずだったらしいwww
兄さんたちwww 末っ子いじめwww

み「本当は、『せんせー!』って言って出てきたかったんですけど、
そんな気持ちになれないのに、どうやって出てきますか!ㅍ_ㅍ」

きーさんは、他の個人スケジュールがあって、来れなかったとのこと。
個人スケジュールって、なんですかーーーー!!!

て「『ポルソ』について、先ほど全て紹介したかったんですけど、できなかったので、もう一度紹介をお願いします。」
ちょ「会社で進行したキャンプで良い機会があって、テディ・ライリーとOBと一緒に、
進行した曲ですが、一番最初に作った時は、誰かにあげたいという考えよりも…」
て「あ!何!僕にくれるって言ったじゃないですか!(δvδ)」
ちょ「書いてる時は!書いてからは、テミン君とよく似合いそうで。それで、2曲差し上げました」
お「1曲は?」
ちょ「1曲は容赦なく…」
み「一言で、蹴られましたね」
ちょ「そんな風におっしゃらないでください。最初は2つとも良いと言いましたが、『ポルソ』だけ持って行きました。」
て「釈明する時間をください!2曲ともとても良かったんです。
とてもやりたかったのですが、こういうのあるじゃないですか…
今日はチョコパイを半分だけ食べて、明日食べようと。そんな感じです。
ですから、1曲をキープして、どっちみち僕のものだと言ってくれたんです。」
ちょ「何をおっしゃってるんですか!次は僕のに入りますよ」
て「何をおっしゃってるんですか!僕のなのに!
なので、それをポケットに入れて、次に必要な時に使おうと」
ちょ「次のアルバムのために取って置いた、という話じゃないですか。
でも、次のアルバムに僕が手伝うこともできて、
実は、テミン君が望むのなら… その時も話したんです。
『お前が望むならあげるよ』と。」
み「ひねくれたわけじゃないですよね? 表情が悲しく見えますが」
ちょ「全く。変な方向に習慣がありますね、あの方ㅎㅅㅎ
『ポルソ』という曲も実は、冗談で、僕のアルバムに入れると話しましたが、テミニをからかう味があるんです。」
て「じゃあ、僕は完全に魚でしたね。」
ちょ「いずれにしても、よく消化してくれて、ありがとうございます。」

そして、オニュの話に…
み「みなさん、イ俳優です!」
お「ぼくもドラマをやることになりました。イチフンという役で…」
ちょん&みの「チフンせむ!」
み「具合悪いんです」←甘えるミノ!
お「そうしなくても、具合悪そうに見えますよ。後で判断してあげますよ」

おん&ちょん「ミノ君は?」
み「僕は最近、テミン君のために生きていますㅍ_ㅍ このアルバムのために生きています」

ひゃーーーー つみん♥

Vyrlでテミンに聞きたかったことを募集したので、それに答えていくコーナー

2番目のアルバムを準備して、これまでの活動と違う点は?
て「前よりも欲が出てきました。アルバム参与とか、
自分のアルバムに対する愛着がもっと湧いたようです。
何より…初放送を終えてから、また話します。」

ちょ「気になることがあるんですけど、海外でロケをしたじゃないですか。
何か、おもしろかったエピソードとかありますか?」
て「後でラジオに出るじゃないですか。ここで全部話してしまったら、
言うことが無くなっちゃいますけど、大丈夫ですか?」
ちょ「ここでもして、あっちでもすればいいですよーーー」
て「あーユニークな体験!僕がアメリカで撮影したんですが、
これは言っていいかわかりませんが、僕が逃亡するシーンがあるんです。
廃屋で撮影をしたのですが、そこに違法で暮らしている方々いて、
すごく危険な場所だったんです。
それでおもしろかったのが、僕が逃げていて、
エキストラの警察の出演者がいらっしゃったのですが、
本当の警察みたいだったんです。
その方々を見て、逃げていましたw そんな経験がありました」

今回のアルバムで一番気を遣った部分は?
て「全てに気を遣いましたが、曲を収集することに一番気を遣いました。
みなさんには、シャイニーの色が強くついているので、
テミンだけのアイデンティティーというか、僕の色を詰め込みたくて、
収録曲を選ぶ時は、普段は会社が探してきた曲を持ってきていましたが、
そうじゃなくて、僕はまだ作曲の素質が無いので、
メンバーに頼んだりとか、僕が直接曲を聴いて、探してきた曲を収録しました。
なので、その部分に一番気を遣いました。」
ちょ「編曲の部分にもたくさんコメントしたと聞きましたが?」
て「『Press Your Number』を聴いて頂ければ、ギターの音が聞こえますよね?
元々はそれは無かったんです(δvδ) これぐらいにしておきます(δvδ)」
み「その他にも、たくさんの曲で、ここがちょっと惜しいとか、
もっとビートがあったらいいとか、たくさん話しているのを聞きましたよ。
一生懸命準備した今回のアルバム、期待できますね」

謙遜して少ししか言わなかったてむを援護射撃するミノひょん♥

オニュさんが急に、一言言いたい、と。
お「ジョンヒョンさんから、自分のソロ活動の時どうだったか、アドバイスしてください。」
ちょ「テミン君の方が先にソロデビューしましたけど?ㅎㅅㅎ」
お「正規だから、感じが違うかもしれないから」
ちょ「誰が誰にアドバイスするんですか?ㅎㅅㅎ」
み「ジョンヒョニひょんがテミン君に。なぜするかというと、
テミン君がソロアルバムを先に出したけれど、最近活動もしたし、
ソロコンサートも成功させたし、そういった経験を通して、
どうやってファンの皆さんとコミュニケーションをとって、
良いアルバムにすることができるか、アドバイスしてください」

さすがMC!
オニュのなんだかふわっとした要求を、うまい形でまとめたね!!w

ちょ「テミン君にアドバイスすることは無いです。
とても上手な子だし、楽しんでくれたらいいなと思います。
あまりに必死に準備していて、そばで見ていても、目から火が出そうな感じを受けます。」
お「ここにいます。」(ミノを指してw)
ちょ「そうですね、似たような必死さを持っているメンバーですが(笑)、
一生懸命やる時はそういう姿はとても良いですが、
時々、そういうストレスの重さが肩にのしかかって、押し潰されないかという心配?
同僚としてというより、人と人として知り合って長い時を経てきた友達として、
そういう話をしてあげたかったんです。
楽しんでこの活動を終えて、良い気をたくさんうけて、やりたいことを楽しんでできるように」
て「はい!」
み「一言で言うと、『楽しめ』と」
お「良い『気』はここにもありますから」
全員「ジンギ〜〜www」
お「Real Energy」

真(진:ジン)気(기:ギ)ですねwww
どうしても、ウケを取りたいオニュwww

今でもよく物をなくしますか?
て「三つ子の魂百まで、というじゃないですかw
生まれつきのクセは死ぬまで続きそうですが、最近もたくさんなくしました。
最近は財布をなくしました。
僕が財布を2つ持ち歩いています。
1つはキボ…キーさんが前のアルバムの時に買ってくれた財布を持ち歩いていたら、
それをなくしてしまったんです。それでもう1つ僕が買いました。
そうしたら、なくした財布が警察が送ってくれたんです。
それで2つだったのですが、それでアメリカに行ったら、置いてきてしまったんです。
帰国して日本に行ったら、日本でも財布が消えたんです!」
ちょ「本当にマジックハンドですね。『消える』という表現」
て「それでまた買いましたが、またいつ失くすかわからないです…」
み「テミン君に財布を買ってあげる時は、ネックレスにぶらさがっているやつを。」
ちょ「もしくは、住所のようなものが貼り付けてあったりとか」
お「そうでなければ、ものすごく大きい、長財布」
て「それで、今回、初めて長財布を買いました。よく見えるじゃないですか」

テミンさんの場合、そういう問題じゃない気が…(-_-;)

み「先ほど、ショーケースでもお話ししましたが、スタイリストをいじめるアイドルだと。
前回の活動の時は、ジャケットを燃やしてしまったり。
今回は、衣装が無事で終わればいいですね。」
お「ファンの方にたくさんのものをお見せしたいという熱意があるから」
ちょ「燃やさなければいいです!ステージをする時に、エネルギー溢れてることは必要なことですから!」


五文字トークコーナーーーー!
「テミニのこんな姿を見たかったという言葉のまま叶う、みなさんのWish。5文字でテミニを動かしてみます」というもの。

ボードに貼られたたくさんの5文字の紙。
み「この中から、オニュヒョンとジョンヒョニヒョンが選んで、テミニにやらせたらどうかと思います。」
て「なんで!僕が選ぶんじゃないんですか?」
み「なんでお前が選ぶんだ!ぼくがMCだ!ㅍ_ㅍ」
ちょ「テミン君が選ぶと、やりたいやつだけ選ぶかもしれないですよね。
それに、僕らがテミン君のファンじゃないですか!
ファンの皆さんの気持ちを正確に理解している僕らのチョイス」
お「どれだけ見たい物が多いか」
ちょ「ハンパないです〜」

ちょ「作詞した所感」
て「너무재밌어(とてもおもしろい)。よい経験になりました。」

お「ちゃんぽんちゃじゃんみょん どちらが好きかということではなく、
テミン君が言う、ちゃんぽんちゃじゃんみょんには、声調があります。
僕らが聴きながら、これはかわいい、いつかファンの皆さんにもお見せしたいと」
て「ちゃんぽん!ちゃじゃんみょん!」

首をふる兄さんたちw 何を望んでいたのかw

み「이쁜짓좀여(かわいこぶりっこちょっとして)」
て「5文字でどうやるんですか」
み「5秒やるんです。」
お「5秒は専門家として長くないですか?」
み「適当です。」
お「見本を見せて」
ちょ「シャイニーで愛嬌バトルといえば、TOP2ですよ。
チャンピオンの姿を見てから、挑戦した方がいいですね」
お「じゃあ、僕がコンサートバージョンで説明しますから。
MINHO VERSUS TAEMIN… GO!!!!!!!!!!!!!!」

ミノのエギョ炸裂!!!!!

み「これぐらいにしておきます。」

て「5文字で言います。『棄権します』」
会場「イテミン!イテミン!」

てむのエギョ、かわいかったですねTT

て「公演するよりキツイです。瞬間的に気が出て行くのを感じました。」

み「メンバーヒョンものまね」
ちょ「ものまねならキー君ですけどね」
お「人間コピー機です。」
み「この間、コンサートで、ジョンヒョニひょんの真似をしたんです。
僕は、本当にジョンヒョニひょんが来たのかと思いました。」

…似てるか?^^;;

み「メンバーひとりの真似をしてください」
お「今日、キー君がいないので、キー君が出れば画期的ですね」
ちょ「そうですね。でも、キー君の真似は難しいですよね」
て「マネージャーヒョンならできるのですが」
ち「実は、テミン君はモノマネは素質がそれほど大きくはないです。
もし、短くても大きな歓声で、恥ずかしくならないようにお願いします。」

常にてみたんをフォローしてくれる、ジョンヒョンさん!

て「じゃあ、キーヒョンを。『わー、この服、むっちゃきれいだん'ㅂ'*♥』」

会場「きゃーーーーーーー!!!!」

て「ありがとうございますTT」
恥ずかしがってるとこ、かわゆいTT


最近見た中で一番おもしろかった夢は?
て「悲しい話とも言えますが、ジョンヒョンさんがこの前、
身体の具合がよくなくて、コンサートに参加できなかったことがあったのですが、
その時に、僕が夢を見ました。
メンバーがひとりいないじゃないですか。それで心配で見たんだと思いますが、
日本ツアーをしてた時ですが、上に上がって回るリフトがあったんです。
丸い大きな円に、メンバーがの端に立って少しずつ回るんですよ。
ところが、これが夢で見たんですけど、だんだん速く回るんですよ。
あまりに速くて、身体が後ろに倒れそうになって、踏ん張ってたんです。」
み「ディスコパンパンみたいに」
て「すごく速く回ってて踏ん張っているのに、他のメンバーは、
普通に静かに立ってるんですよ!
一生懸命踏ん張ってましたが、転んで、結局僕がステージの下に落ちちゃったんです。
落ちてしまって、あ〜大変なことになったぞ、今回のコンサートは終わった、と思ってたのに、
マネージャーヒョンは、『テミナ、大丈夫〜 次の曲、早く準備して』と言って、
その後、なぜか日本なのに『ノワナエコリ』を歌うんですよw
『ノワナエコリ』を準備しながら、こういう回る椅子なんですが、
いくつかあったんですけど、これが8階ぐらいのところに置いてあったんです。
それを7階まで上って座らなきゃならないんですよ(笑)
なんで、急に?!と思ってたら、メンバーたちはみんな座ってるんですよ!
僕が7階まで一生懸命上って、『ノワナエコリ』を歌ったんですが、
これが回るんですけど、少しずつものすごく速く回り始めたんです。
幸いにも、座っていたので、飛んで行きはしなかったのですが、
あまりに目が回って、一生懸命捕まって歌ってたんです。
それで終わって下りてきて、吐いたんですけど、
マネージャーヒョンが『おい!お前もジョンヒョニみたいに具合が悪いんじゃないのか?
休まないと!病院に行かなきゃ!』と。
『違います、ヒョン、これは酔ったんです。大丈夫です〜』と言ったら、
『いや、お前は休まないと!ウイルスだよ!』と、こんな風な夢で〜
すみません、おもしろかったですか?(きゃーーー)
最近、変な夢よく見るんです」

てみなwww
そのエピソード、長かったけど、おもしろかったよwww

そして、最後にてむが最後のステージのための衣装替え時間に、
ヒョンたちからテミンへの応援メッセージ。

み「テミン君を応援する気持ちはひとつですね」

ちょ「テミニが本当に一生懸命準備したアルバムです。
テミン君と僕が長いつきあいなので、あの幼かった子が、
自分がやりたいことを実現していく姿が、
すごくかっこよくて、新鮮で、誇らしい、そんな子です。
もちろん、成績が重要ではないけれど、それでも、
僕らが叶えていくことが目に見えれば、うれしいじゃないですか。
たくさんの準備をしたテミン君のためにも、楽しんで頂けたらうれしいです。」

お「テミン君が準備しているのを見ながら、僕もちょっと緊張して、
隣りで何を手伝ったら良いかと考えましたが、
実は、ただ見ていることしか出来ませんでした。
先ほども、ステージをしている時に横で見ていましたが、
そんな考えをした自分がバカだったという気持ちになりました。
テミン君はプロです。
本当にうまくやると思いますが、みなさんの応援が力になって、
さらにかっこいい姿をたくさん見せてくれると思います。
これからもたくさん応援してください」

ミノ&オニュ&ジョンヒョン「イテミン、ファイティン!!!」

心温まったTT


ステージは、本当に素敵でしたねTT
初めて見せるステージなのに、ものすごい完成度でTT
テミンさんの意気込みが感じられました。

こんなに準備して活動は1ヶ月ぐらいしかないなんて、
本当に、本当に、もったいないけど、精一杯、がんばってーー!!
陰ながら応援してる♥


最後に…

めっきり、twitterをやらなくなったジョンヒョンさんですが、
ショーケースの後、怒涛のつぶやきをしたよ、息子のためにw

「https://youtu.be/Oz3mm3tPKfg
あらテミンママたち*~~ ^^~~*みんなミュージックビデオ見た?
うちの息子いつもすごくステキでしょ? * ^^
少し後12時に全曲が公開されるそうですね~~^^
私たちもうしばらく待ちましょう^^
自慢のうちの息子!いつもファイティン!^^」

「うちの息子!心機一転してがんばって~~ ^^〜*
イテミンファイティン♡
息子ファイティン♡
正規1集ファイティン♡
やることやってね息子♡」

「ほほほそうですよね?ダンスがどのように激しくなのか...
うちの息子足折れるかとどれだけ気をもんだでしょう~~ ^^~~*
それでもかっこよく舞台を掌握したプロらしい姿に涙がウルウル〜☆
大きくなったね、うちのテムニ♡ https://twitter.com/eunhafree/status/701737477401214977」

「皆さん認めることは認めてください。
私は練習生の時からテミンママでした。
いくら早くても私より3年は遅いはずです。
テミンママ1号は私です。

-11年目テミンママ・ジョンヒョン拝

自.負.心.」

じょんひょなwww
しゃうぉるヌナどぅるには負けないという気概を感じた\(^o^)/

関連記事

4 Comments

みちる★ says..."Re: タイトルなし"
鍵コメさま〜

こんにちは! 
自分が忘れないように書いてる日記ですが、喜んでいただき、光栄です!
すっかり、気まぐれ日記になっておりますが、備忘録のためにがんばりますw
お付き合いくださいませ〜^^
2017.06.19 13:23 | URL | #nmxoCd6A [edit]
says..."管理人のみ閲覧できます"
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2017.06.19 00:19 | | # [edit]
みちる★ says..."Re: ありがとうございます〜^ ^"
S.Tさん~~

喜んでいただけてうれしいです~
無駄に長く、そして、最後の方、力尽きているという代物なのですが…(;´∀`)

きーさんいなくて、本当に残念でしたが、ほっこりしました^^
兄さんたちに愛されてる\(^o^)/
2016.03.02 23:29 | URL | #nmxoCd6A [edit]
S.T says..."ありがとうございます〜^ ^"
みちるさんこんばんは、わー
ショーケースの訳を知りたかったのですごく嬉しいです!しかもめっちゃ長くて詳しくてわかりやすく…本当にありがとうございます!
ゆっくりと読ませていただきました。キーさんがいなくて残念でしたけど、心和みました!
テミンさんふぁいんてぃん〜^ ^
2016.03.02 00:01 | URL | #v0xRuJiU [edit]

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

trackbackURL:http://seoulsoul.blog.fc2.com/tb.php/2177-1b11655c